JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

足ピンオナニーのデメリットと克服法!【実はこんなリスクが】

危険なオナニーとしてよく取り上げられることがある「足ピンオナニー」ですが、その気持ちよさからまだまだたくさんの人が足ピンオナニーを行っています。

足ピンオナニーについての知識を持った状態でそれでも足ピンオナニーがしたいという場合は本人の自由なので止めるすべはありません。

しかし、どのような危険性があるのかということを全く知らない状態で行っている方の場合、足ピンオナニーについて詳しく知ったときに初めてショックを受けることになる可能性もあり得るのです。

足ピンオナニーにリスクがあるなんて全く知らなかった
こんなリスクがあるなら始めからやっていなかった
足ピンオナニーの危険性についてもっと早く知っておけばよかった

このような方を一人でも減らすためにも、今回は足ピンオナニーのデメリットや克服法などを詳しくご紹介したいと思います。

現在何も考えずにオナニーをするときはいつも足ピンオナニーをしているという方は特に参考にしてみてください。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

足ピンオナニーとはどういうもの?

足ピンオナニーとはどのようなものなのかをまずはご紹介したいと思います。足ピンオナニーとはあおむけになった状態で足をピンとまっすぐ伸ばして行うオナニーの方法です。

足をピンと伸ばした状態でオナニーを行えば通常のオナニーよりもかなり刺激の強いオナニーを行うことができるようになるのです。すると想像以上のその気持ちよさに簡単に気持ちよくイクことができてしまうのです。

今回は男性の足ピンオナニーについての記事なのですが、足ピン状態でオナニーを行えば男性だけでなく女性もかなりの快感を得ることができるオナニーのため女性でも行っている人が多いのが特徴です。

足ピンオナニーのリスク

足ピンオナニーは上記で説明した通り非常に刺激の強いオナニー法なのですが、刺激が強いということはそれ相応のリスクも存在するのです。

強い刺激に慣れきってしまうとその刺激でしかイケなくなってしまう恐れがあります。ということはつまりいざ女性とセックスをしようと思っても本物の女性の膣の刺激でイケなくなってしまういわゆる膣内射精障害の症状に陥ってしまうわけです。

自分が刺激を求めすぎたあまり本番でイケなくなってしまったなんてとても悲しいですよね。さらに悲しいのは自分だけではなくパートナーの女性も悲しくさせることになるという点です。パートナーの女性とのセックスでイケないなんてことになってしまうとその女性は

  • 私じゃ満足できなかったのかな…
  • そんなに気持ちよくなかったのかな…
  • 私って緩いのかな…

と感じどんどん悲しい気持ちになってしまう可能性があるのです。足ピンオナニーを行う際はこのようなリスクまで考えた上で行うことが大事なのです。

通常のオナニーに改善していく方法

ここまで読んでいただけたみなさんの中には「どうにかして今すぐにでも足ピンオナニーをやめたい」と思われた方も多いはずです。そんな方のために足ピンオナニーを徐々に通常のオナニーに改善していく方法をご紹介したいと思います。

当たり前ですがこれからご紹介するすべての方法を足ピンで行ってしまっては全く意味がないので、自分がリラックスできる体位で問題ありませんが、足ピンだけはしないようにしましょう。

足ピンオナニーを何年も続けていてその刺激に慣れきってしまっているという方も諦めずに改善法を試してみてください。時間はかかるかと思いますが、根気良く続けていくことが大事なのです。

まずはリラックスする

自分の中のエッチな気分を盛り上げるためにはリラックスすることはとても重要なことです。

オナニーを始めるときは常にリラックスすることを心がけおかずと向き合いましょう。そうすることによって純粋な気持ちでおかずと向き合うことができエッチな気分を盛り上げてオナニーを行うことができるようになるのです。

力を入れすぎない

リラックスした状態でもペニスを力強く握ってオナニーを行ってしまっていては意味がありません。それは力強い刺激によって無理矢理射精を促されているのと同じようなことになってしまうからです。

強い刺激ではなくやさしい刺激を常に意識してオナニーを行うようにすれば足ピンオナニーは徐々に改善されていくはずです。リラックスしたらやさしくペニスをしごきその刺激を楽しむようにしましょう。

指で輪っかをつくるようにして亀頭のあたりをシコシコと動かしてみれば、最初は物足りないかもしれませんが徐々にその刺激を感じられるようになってくる場合があります。

オナホールを使う

手を使ってオナニーを行おうとするとどうしても刺激に物足りなさを感じてついつい強い力でペニスを握ってしまうという方はオナホールを使うという方法もあります。最近のオナホールはとても技術が進んでいて、本物の女性の膣に限りなく近い作りになっているものが多いのです

しかもペニスに強すぎる刺激を受けることもないため、多少お金はかかりますが治療費だと思ってオナホールを使ってみるのもアリでしょう。購入は近くのアダルトショップかネット通販で大丈夫なので、足ピンオナニーを改善したいと考えている方は一度試してみてください。

刺激の強いおかずを極力使わないようにする

足ピンオナニーのような強い刺激に慣れきってしまっているとそれを超えるような刺激でしかなかなかイケなくなってしまいます。

そこで脳でもしっかり興奮できるようにトレーニングしていくとセックスのときに興奮状態がうまく持続してイケるようになる可能性があります。

最近のAVはとても刺激が強いものが多くそれを見ているだけで興奮できるものが多いですが、それがなくなってしまうとなかなか興奮状態が続かなくなってしまうなんて人も多く存在します。

足ピンと刺激の強いオナニーを併用することによってその方法でしかなかなかイケなくなってしまっているという可能性もあるので、自身の妄想だけで興奮できるように妄想する力をつけておきましょう。

やり方はなるべく刺激の少ないおかずでオナニーを行うという方法です。いつも無料アダルト動画に頼っている場合、たまには雑誌や写真のような静止画を使ってみると良いでしょう。

刺激の足りない部分を自分の妄想で補うことによって妄想で興奮する力がどんどんついてくるのです。最終的には自分の妄想だけでもオナニーができるようになるくらいの妄想力を手に入れることを目標にしてみましょう。

そこまですることができれば足ピンをしなくてもきちんとオナニーを行うことができるようになるはずです。

本物の女性とたくさんセックスをする

やはり本物に勝るものはありません。セックスができるパートナーがいるという恵まれた方はできるだけ本物の女性とセックスを行う機会を設けましょう。

たくさん本物を知ることで徐々にその刺激になれてくる可能性があります。もちろん普段のオナニーでも足ピンオナニーはNGですよ。ただ、全ての人がセックスのできるパートナーがいるとは限りませんよね。そんなときは風俗もアリだと思います。

お金はかかりますが風俗でも本物を知ることができるため行けそうな方は積極的に試してみると良いでしょう。

正しいオナニーを身につける努力を

今回は、足ピンオナニーについてデメリットや克服法などをご紹介しました。

足ピンオナニーには膣内射精障害に陥ってしまう可能性があるというかなり大変なデメリットがありましたが、そのことを知って改善したいと思った方は記事を参考に足ピンオナニーを改善していきましょう。

時間はかかりますがゆっくりと改善していくことできちんと女性の膣内でイケるペニスにすることができるようになるはずです。諦めずにトレーニングを続けて正しいオナニーを身につけるようにしましょう。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.