JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性が独身貴族になるメリットとデメリット!【向き不向きもある?】


色々な恋愛を経験してきた。それでもやっぱり独身がいい!気も使わなくていいし楽。独身貴族にはまずお金を自由に使えるという最大の自由があります。その生活に憧れる人も多いでしょう。

友人の結婚生活をなどを見ていて「俺はいいや」と思う事も多いでしょう。特に年齢が若ければなおさらです。幸せな結婚をしているカップルは自分の周りに何組いますか?

独身の方がよっぽど気が楽!最高!しかし一見そう思える生活にも、もちろんデメリットは存在しているのです。今回は、独身貴族で自由気ままな生活を送ることのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

独身貴族とは

独身貴族とは独り身で誰にも縛られずにお金や時間を自由に使える人のことを揶揄する言葉です。もともとは実家暮らしの生活費は親持ち、それでいて自分が稼いだお金は趣味に使うといった使い方の若い独身者を指す言葉でした。

同じくらいの年収の方と比べると家族に使うべきお金が必要ない分優雅な生活が送れるのですが、そんな生活を送り続けるにはやはりメリットとデメリットがあるのです。

年収や貯金はどれくらいあればいい?


「独身貴族」というくらいですからお金持ちなイメージが湧いてきますよね。では、独身貴族になるには年収や貯金がどれくらい必要なのでしょうか?

その答えは「厳密な定義はない」です。というのも独身貴族とはお金や時間に余裕のある独身者を羨む言葉なので年収や貯金云々で決まるものではなく、あくまで本人が独身生活を満喫していそうに見えるかどうかがポイントなのです。

よって、年収500万でも独身生活を満喫していれば十分独身貴族と呼ばれるようになるのです。そこに年収や貯金がどれくらいあるかなんてことはほぼ関係ないのです。

メリット

独身貴族にはたくさんのメリットがあり、独身貴族に憧れる人はこのメリットに飛びついて独身貴族に憧れていることかと思います。まずはそんな独身貴族のメリットをご紹介したいと思います。

高水準の生活が送れる

独身貴族になれば所帯持ちの同世代同じくらいの年収の男性と比べて格段に良い暮らしができます。毎日食べたいものを食べ我慢することなく欲しいものを手に入れて優雅に生活することができるでしょう。

身につけるものも周りより格段に良いブランドのものを身につけることも可能ですし家電や車なんかも所帯持ちの男性たちよりもっと良いものにすることができるのです。全体的な生活の水準が上がるわけですから暮らしはより快適で優雅なものに変化していくでしょう。

休日を自由に使える

もちろん休日も自分だけのためにあります。所帯持ちの場合、妻や子供たちに時間をとられてしまうことは仕方のないことです。それが楽しみになるという方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、独身貴族なら家族に自分の時間を捧げなければならないということが全くなくなるので全ての休日を自分だけのために使うことができるのです。

「子供の習い事の送り迎えをして」「今度の休日子供の買い物に付き合ってね」そんなお願いをされることがなく「次の週末はアレを買いに行こう」「今度の休みは友達とうまいものを食いに行こう」と自分だけの計画が簡単に立てられるのです。

給料を全額自由に使える

たとえ給料が少なくても一人身ならば意外と余裕のある暮らしができるものです。給料を家庭に吸い上げられることがないためすべて自己管理することができ使いたいときに使いたいだけ使っても誰にも文句は言われないのです。

その結果子供がいると子供の養育費がかかってしまいなかなか手が出せない趣味なんかにもお金と時間に余裕が生まれることからどんどんのめり込むことができるのです。

多趣味な方や食べ物に妥協したくないという方にはピッタリですね!実際このような生活が送りたいがために独身貴族に憧れるという方も少なくありません。

同じくらいの年収の人より裕福に振る舞える

あなたが独身貴族を貫いている場合、所帯持ちの男性たちから羨望のまなざしで見られることは間違いありません。そりゃ好きなものを好きなだけ食べて趣味にもどんどんお金をつぎ込める…しかも誰にも文句を言われない。そんな生活がうらやましくないはずがないですよね。

ときには「○○さんは独身だからお金があっていいよね」なんて嫌味を言われてしまったり「ちょっとくらいおごってよ」なんてたかられてしまうこともあるかもしれませんがそれ以上にあなたに対する羨ましい視線は痛いくらいに感じるはずです。

周囲に裕福に振る舞うことで快感を得られる人には独身貴族はピッタリなのでちょっと見栄っ張りな男性にも独身貴族は非常にメリットがあるものなのです。

誰にも縛られず面倒事が少ない

自分のケツは自分でぬぐうのは当然ですが所帯持ちになってしまった場合、自分のケツ以外にも拭わなければならないケツが出てきてしまいます。それはもちろん愛する妻であったり子供たちのことですが、一家の主になる以上避けては通れないことなのです。

これを面倒事と考えるかそう考えないかはあなた次第ですが、もし面倒事と考えるのであればあなたは独身貴族が向いているかもしれません。独身貴族になれば自分以外の誰かのケツをぬぐう必要がなくなるので誰にも縛られることなく面倒事も最小限に抑えることができるようになるのです。

責任を負わなければいけないことが少なくなると言い換えればさらに魅力的に感じるかもしれませんね。

現代の日本人は責任を取ることを嫌う方が多くむしろ責任の押し付け合いまで発生してしまうほどなので、責任を負わなければならないことが減るということは人によっては非常に魅力的なことなのです。このような面からも「自分は独身貴族に向いているかも」と考える方は多いのです。

デメリット


それでは次に独身貴族を貫くことで発生するデメリットについてご紹介したいと思います。華やかな独身貴族の生活の裏にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

デメリットも詳しく知って自分が今後独身貴族を続ける、または目指すかどうかを今一度考えてみましょう。

貯金をしっかりしないと老後が不安

死ぬまでずっと独身貴族生活を送ろうと考えている場合、貯金をしっかりしておかないと定年したあと同じ水準の生活を続けようと思っても難しいです。年金を毎月きちんと支払っていたとしても月々もらえる金額なんて知れています。

今のうちからしっかりと年金とは別で老後資金を溜めておかないと独身貴族の優雅な暮らしは続けられないというデメリットがあるのでできていない人は今からでも絶対にやるべきです。

独身貴族の場合、誘惑に乗ってしまいやすくついついお金を使いすぎてしまうというデメリットがあるので、老後の資金のことも考えて今のうちからしっかり資金について考えておくことが重要です。

家族がいない分さみしさもある

周りの男性がどんどん結婚して家庭を持ち始める中自分ひとり世界から取り残されてしまったような気持ちになってしまうこともあります。ずっと一人で生きてきて慣れていてもやはりフと寂しくなる瞬間というのは訪れるものなのです。

家族がいたらそんなさみしさを感じることがなかったはずなのに自分が独身を貫いてしまったがためにこんな気持ちになってしまったなんてこともあるでしょう。

今は大丈夫かもしれませんが、友達がどんどん家庭を持っていくと友達の遊べる時間も減り自分だけ時間とお金を持て余してさみしくなってしまうなんてことも考えられます。そんな状況耐えられますか?

両親はあなたより早く亡くなります。そんなとき家族がいないとあなたは世界に一人取り残されたような気持ちになってしまうこともあるのです。それでも耐えられるでしょうか?

独身貴族は年々孤独と戦うことになっていくことになるというデメリットも抱えているということを覚えておき今を行動するようにしましょう。

周囲の目が痛い

独身貴族は周囲の目も気にして生きていかなければならない場合もあります。やはりいい年した男性が独身でいると周囲の人間から「こいつなにかあるな」と変に勘ぐられたり腫れもの扱いされてしまうこともよくあることなのです。

いい年して独身の場合、人によっては一人前と認めてもらえない場合もあるのです。そんな状況になってしまっても自分を貫いて独身貴族を続けることができるかどうかを今一度考えてみましょう。

「周囲の目なんて全く気にならない」という強いメンタルを持っている男性こそ独身貴族に向いていると言えるのです。自分が周囲の痛い視線にさらされることに少しでもとまどったのなら本当に自分に独身貴族が向いているのかを考え直してみた方がよいでしょう。

病気やケガをしたとき誰も看病してくれない

病気やケガをしたときに誰も看病してくれないというのは口で言うよりつらいことなのです。実際体験してみるとそのつらさが分かると思いますが、やはりただの風邪でも看病してくれる人がいるのといないのとでは雲泥の差がでるものなのです。

一人暮らしなどで体験したことのある人はわかると思いますが、ない場合は一度そんな状況を味わってから独身貴族を始めた方がよいかもしれませんね。

しかも病気のときに誰にも看病してもらえないということは一時的なことではなく一生続くことなのです。万が一あなたが大病を患ってしまっても周囲には看病してくれる人が誰もいない可能性が高いのです。

特に老後はさみしいでしょう。結婚さえしていれば妻や子供たちが代わる代わる看病をしてくれた可能性もあったのに自分は独りぼっちなのです。入院して相部屋になった男性は毎日家族が見舞いに訪れてくれるのに自分はそんな家族もいない…こんな孤独に耐えられるでしょうか?

看護師さんが毎日の癒しになると考えるような方なら大丈夫でしょう。しかし、そうでなくさみしさを感じてしまいそうだと思う方は今一度独身貴族でいること独身貴族を目指すことを考え直してみた方がよいでしょう。

家族を持っている同年代に嫉妬してしまう

街に繰り出せば同世代の幸せそうな家族を目の当たりにする機会が必ず出てくるでしょう。それは夕食のおかずを買いにスーパーに行ったときかもしれませんし旅行に出かけたときかもしれません。

しかし、必ず同世代の男性が幸せそうな過程を築いている場面は見ることになってしまいます。そして自分に家庭があったらきっとこんなふうだっただろうな…と想像してしまうのです。

そんなことが起きると急に目の前の幸せそうな家族がうらやましくなってしまうなんてことも考えられるのです。また、友人の家に招かれたときにもこのような気持ちになってしまうことはあるかもしれませんね。

綺麗な奥さんと可愛い子供たちに囲まれた友人から「大変だけど幸せだよ。お前も早くこの幸せを味わった方がいいよ」なんて言われれば嫌でも自分が家庭を持つことを想像してしまうでしょう。

そして現在独身貴族を満喫している自分の姿と家庭を築いて幸せそうな友人の姿を比べてしまうのです。

どっちが良いかなんていうことは本人にしかわからりませんが、もしそこで友人に少しでも嫉妬してしまうようであれば独身貴族を続ける自分について今一度考え直した方がよい可能性もあります。独身貴族と家庭を持つ自分、どちらが自分に合っているのかよく考えてみましょう。

老後の計画をしっかり立てる

「すでに独身貴族である」または「独身貴族を目指したい」と考えているみなさんは、今は収入があるから優雅な生活が送れていると思います。

しかし、老後同じような生活を送ろうと思うとそれなりの貯蓄が必要になってくるということを理解しておかないとあとあと苦労することになってしまいかねません。

具体的な数字は人によって違いますが、独身貴族を続けようと考えているのなら月々3万円程度、ボーナス時には20万円程度を貯金していくと老後も少しは安心して独身貴族を続けていけるということを覚えておきましょう。

向き不向きは人によって違う

今回は、独身貴族で自由気ままな生活を送ることのメリットとデメリットをご紹介しました。

独身貴族に向いているか家庭を持った方がよいかは人によって異なりそれが分かるのは自分しかいません。独身貴族が向いているという人もいればそうでないという人もいるのです。

今回の記事を参考に自分にはどちらが向いているのかということを今一度考え直してみるとあなたの将来は明るくなるはずです。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.