JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

「男性向け」オナニーのしすぎには要注意!デメリットを解説!

  • 快感を得るため
  • ただただ気持ちいいから
  • 無意識にペニスをしごいてしまっている
  • ストレス発散

オナニーをする理由は人さまざまですよね。オナニーをすればとにかく気持ちよくなることができ、オナニーをしている時間だけでも現実を忘れることができるという男性も多いはずです。そんな快感から毎日オナニーをしているという男性も多いです。しかし、オナニーにハマりすぎると少々厄介なデメリットも発生してしまいます。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

自分のオナニー回数と向き合ってみましょう

今回はオナニーをやりすぎるとどのようなデメリットがあるのかをまとめてみました。早めに知っておいた方がよいこともあるので、オナニーのデメリットを知り、自分のオナニー回数と向き合ってみましょう。

はげやすくなる

オナニーをやりすぎるとはげやすくなるという話は昔からよく耳にする噂なので、オナニーのやりすぎでハゲになるという話を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?はげることを気にしてオナ禁をしているなんていう話もよく耳にするくらいです。

昔、私の周りでもはげることを気にしてオナ禁をがんばろうと決意した男性たちが数人いました。彼らは誰が一番長くオナ禁できるかみんなで競い合っていましたが、結局みんなオナニーの誘惑には勝てず、早い人は2日で、長くても5日間のオナ禁で挫折してしまっていました。

それほどまでにオナニーのやりすぎははげを招くという噂が浸透している世の中ですが、実際のところは本当にはげを招いてしまうのでしょうか?

オナニーをすると男性のハゲを加速させてしまう「ジヒドロテストステロン」というホルモンが増えてしまいます。「ジヒドロテストステロン」は男性ホルモンの一種で「薄毛の原因」「ニキビの増加」「精力減退」「体毛の増加」など男性の体にさまざまな効果をもたらします。

この「ジヒドロテストステロン」というホルモンは、男性ホルモンの大部分を占める「テストステロン」が変化したものなのですが、その変化のきっかけとなるのが射精と亜鉛不足なのです。

亜鉛には「ジヒドロテストステロン」を抑制するという効果があるのですが、射精をすることによって亜鉛がたくさん体外に出ていってしまうため「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン」に変化させるのを抑える働きが鈍ってしまいます。すると男性の頭はハゲに近づいてしまうのです。

適度なオナニーなら問題ないのですが、オナニーをやりすぎると体内の亜鉛は確実に減ってしまいハゲに近づいてしまうことがあるので注意が必要です。「ジヒドロテストステロン」を抑制するための亜鉛が足りてないと感じる方はできるだけ

  • 牡蠣
  • レバー
  • 牛肉
  • しじみ

のような亜鉛を多く含む食品を摂取するようにしましょう。サプリメントでも良いのですが、亜鉛を体内に取り込むためには亜鉛以外にも他の栄養素もとても重要です。

食品には亜鉛以外の栄養素がたくさん含まれているため、できればサプリメントで亜鉛だけを摂取するのではなく、他の栄養素ごと体に取り入れることができる自然の食品を摂取するようにした方が良いでしょう。

顔に吹き出物ができやすくなる

オナニーをするとたくさんの栄養素が体外に放出されてしまいます。すると肌を作るために必要な栄養素が足りなくなってしまうことがあるのです。肌を作るための栄養素がたりなくなってしまうと肌質は悪化していき吹き出物が出やすい肌になってしまう恐れがあるのです。

さらに「はげやすくなる」の項目で説明した「ジヒドロテストステロン」には皮脂を多く分泌する役割もあるため、オナニーをやりすぎて「ジヒドロテストステロン」が増えてしまうと顔の油がたくさん分泌されてしまい、結果吹き出物が出やすい肌になってしまうのです。

オナニーをやりすぎるとハゲ+ブツブツというかなり残念な見た目になってしまう恐れがあるということをここまでの文章でお伝えしてきましたが、確かにオナニーをやりすぎると顔に変化が現れてしまうということを裏付けるような男性を私も実際何人か見たことがあります。

これは私が出会ってきた男性たちの外見だけでの判断ですが、私は今までハゲでブツブツの男性を何人か見てきました。みんな初めは普通に髪が薄かったり顔がテカっているだけの人だと思っていましたが、少し親しくなると口を開けば下ネタのオンパレードで明らかに性欲が強いということがわかってきました。

それから性欲が強い人にハゲやブツブツが多いという噂を聞いてから意識して観察するようになりましたが、歳を重ねる毎にそのような人に出会う機会が増えていき信憑性がどんどん増していきました。

オナニーを1日8回したことがあるという記録の保持者がいたのですが、彼は少し会わない間に別人のように髪がなくなっていました。これがオナニーによるものかそうでないかは断言できませんが、興味のある方は、ぜひ自分の周りの性欲の強そうな男性の様子を観察してみてください。何か新しい発見がある可能性がありますよ。

精子の量が減る

オナニーをすれば体の外に精子がたくさん出ていってしまうのですから精子の量が減ってしまうのは当たり前のことなのですが、精子というものは1日に睾丸に補充される量が限られています。成人男性の場合、3日程度で睾丸がいっぱいになるくらいに精液がたまると言われているのでオナニーをするのは3日に1回程度が理想的とされています。

この回数を超えて1日に何度もオナニーをして精液を体外に放出してしまっていると精液の補充よりも放出の量が上回ってしまいあっという間に精液中の精子の量も減少してしまいます。精子の量が減少してしまうと子供を作るときに困ってしまうので、なるべくオナニーは理想的な回数で済ませることをおすすめします。

病気になる可能性がある

オナニーをするということはペニスという敏感な部分を触るわけですから当然病気のリスクが付いて回ります。こなれ過ぎて汚い手でペニスを触ってしまったりオナホを洗い忘れてそのまま使ってしまったりとペニスに菌を移してしまうような行動は意外とたくさんあるのです。

1回1回のオナニーをきちんと衛生的に行えるのならよいのですが、回数が増えて雑になってくると衛生面でも雑になってしまうことがあるので病気を引き起こすリスクも高まってしまいます。オナニーの回数が多いとそれだけリスクも多くなってしまうので、そういう点でもオナニーのやりすぎはリスクがあるということを頭に入れておきましょう。

適切な回数のオナニーを心がけていきましょう

オナニーにはデメリットがある一方で体に良い効果もあるので、やってはいけない行為というわけではありません。しかし、やりすぎは男性としての魅力を下げてしまうことにつながるのでおすすめはしません。記事を参考に、オナニーをやりすぎるとどのようなデメリットがあるのかを知り、適切な回数のオナニーを心がけるようにしましょう。

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.