JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男女別、危険なNGオナニー方法

男性も女性も年頃になれば一度はオナニーを経験し、その魅力に取りつかれ今でもオナニーが習慣化している人はたくさんいます。特に男性は週に数回オナニーをしているという人もたくさんいて「日々のストレス発散」「リラックスするため」「セックス本番に向けての練習」など理由は人それぞれです。

確かに男女ともにオナニーにはストレス発散やリラックス効果の他さまざまなメリットがあるのですが、誤ったやり方で長年オナニーをしてしまうとパートナーとのセックスで感じられなくなってしまったり、アソコが変形してしまう可能性がありとても危険です。

さらなる快感を求めて、より刺激の強いオナニーがしたくなるという気持ちはわかりますが、この機会にぜひ危険なオナニーにはどのようなものがあるのかを知り、万が一自分が危険なオナニーをしてしまっていた場合すぐにやめるようにしましょう。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

危険なNGオナニー方法 ~男性編~

今回は男性編と女性編に分けてそれぞれ危険なオナニー方法を紹介していきたいと思います。まずは危険なNGオナニー方法 ~男性編~ から!

男性の性器は女性と違って性器が外部に露出した作りをしているため、女性のオナニーに比べ危険なオナニーの種類も数多く存在します。今回はその中でも特にやってしまいがちなものをまとめてみました。

床オナ


床オナとは、うつぶせになってペニスを床と自分の体で挟み込むような形にして行うオナニーのことで、普通に手で握ってやるよりも何倍もの刺激を受けられます。

しかし、刺激が強すぎるため、この床オナに慣れすぎてしまうと床オナでしかイケなくなってしまうという危険性があります。床オナでしかイケないということは、パートナーの体でも例外はなく、それが原因で別れてしまうなんていう可能性もあるのです。

また、床オナばかり頻繁に行っているとペニスを変形させてしまうおそれもあります。見栄えがとても悪くなるため女性とセックスするときや銭湯などでさらすのが気になるという方は、やはり床オナを控えるべきでしょう。

もし、あなたが「今現在床オナに慣れきってしまっているけどこんなにデメリットがあるなら止めたい」と考えている場合、オナニーはオナホを使ってするようにしましょう。

床オナの刺激に慣れきってしまっている人がいきなり手で始めても絶対に強く握りしめてしまい、それはそれで危険なオナニーになってしまいます。ですので強く握りしめてしまわないオナホでゆっくり刺激を与える練習をしていくと良いでしょう。

足ピンオナニー

男性は射精しそうなときに足をピンと伸ばした状態で射精するととても気持ちがよいのですが、これをオナニーのときに使うやり方を足ピンオナニーと言います。

さらなる刺激を求めた人は両足をクロスさせてオナニーすることもありますが、これらは危険なオナニーの方法なので何気なくやってしまっている方はすぐにやめるべきです!

イクときに足をピンと伸ばしながらイクという方法は確かにとても気持ちがよくイキやすいのですが、これを続けていると、いざ本番で女性を相手にしたときに足をピンと伸ばせる体位じゃないとイケなくなってしまう危険性があります。

足ピンオナニーは意識すれば直せるものなので、よくやってしまっているという方は今日から意識してやらないように心がけましょう。

ペニスを強く握ってするオナニー


男性がオナニーをするとき、どんどん強い刺激を求めてしまいついついペニスを強く握りしめてしまうということがあります。

これも床オナと似たようなもので、いつも力強くペニスを握るクセがついてしまうとペニスはだんだんその刺激に慣れてしまい、パートナーとセックスするときに膣の締めつけではイケなくなってしまいます。

膣の力でイケないということは、将来子供が欲しくなったときにパートナーの膣の中にうまく射精することができないという事態に悩まされるおそれがあります。

将来そんなことで悩まなくてもいいように、今のうちからオナニーでペニスを握る力はあまり強くしすぎないように注意してオナニーに励みましょう。

危険なNGオナニー方法 ~女性編~

続いては女性の危険なNGオナニー方法を紹介していきます。

女性のオナニーには「髪や肌のツヤをよくする」「精神的に安定する」「女性ホルモンが活発になる」などメリットがたくさんあるので、女性が正しい方法でオナニーをすることはとても身体にも良いことなのです。

しかし、やはりNGオナニーの方法も存在するのでそれらは覚えておきましょう。

こすりつけオナニー

こすりつけオナニーとは女性がクリトリスを机の角や自転車のサドルなどにこすりつけて行うオナニーの方法のことです。

「学生の頃机の角にクリトリスがあたったときにこすりつけオナニーに目覚めてしまった」「自転車のサドルにクリトリスがあたる感覚が好きで、そこでこすりつけオナニーに目覚めたと気付いた」など、ふとした瞬間に目覚める女性が多いそうです。

最初は「ムズムズ感がちょっと気持ちいい」程度だったものが、だんだんクセになっていきやがていろんなものにクリトリスをこすりつけて快感を得ようとしてしまうようです。

こすりつけオナニーは快楽に身を任せて刺激を強くしすぎると、やはり男性とのセックスでうまくイケなくなってしまう危険性があり、また、誤ってクリトリスを傷つけてしまうおそれもあるので、オナニーは自分の手や専用の道具を使って行いましょう。

シャワーオナニー


シャワーオナニーとはその名の通りシャワーの水を性感帯にあてて快感を得るオナニーの方法です。男性もペニスの裏側からシャワーをあてると気持ちいいですが、女性の快感はそんな比ではないようです。

シャワーの水というのは他のものではなかなか代用が効かない独特の刺激をしているので、これに慣れきってしまうと男性とのセックスでイケなくなってしまうというリスクがあります。

シャワーオナニーはお風呂場で行うことから「清潔」「誰にも見られない」などのメリットも大きいため強い水流で行わなければ問題はないようですが、くれぐれもシャワーオナニーをする場合は、刺激が強くなりすぎないように弱流にして行うようにしましょう。

足ピンオナニー

男性編でも書きましたが、女性の足ピンオナニーも同じようにイクとき足に力を入れて行います。

足をピンオナニーはイキやすいため、無意識のうちに足ピンオナニーをしてしまっている女性も多いでしょうが、このクセがついてしまうと実際の男性とのセックスでうまくイケないという事態に悩まされてしまいます。

足ピンオナニーに慣れてしまっている女性の方の改善方法として「あぐらオナニー」という方法があります。

あぐらオナニーとは

やり方は「あぐらをかく」というだけですが、このときに足に力を入れないように意識してください。足ピンでお尻や太もも、つま先まで力を入れていた方はあぐらスタイルでも力が入ってしまうかと思います。

「あぐオナ」の目的は、オナニーのときでも足のリラックスを覚えること。自分が慣れ親しんでいるオナニーしスタイルを変更することは面倒かもしれませんが、セックスでオーガズムに達するため、チャレンジしてみてください。

引用元: messy

足ピンオナニーに慣れきってしまっている方は、このようにリラックスしてあぐらオナニーへとシフトチェンジしていき、足ピンオナニーを改善していくと良いでしょう。

意外とやってしまいがちなNGオナニー方法はたくさんあります


知らず知らずのうちにやってしまっているものがあったのではないでしょうか?

いつもどおりやっていたオナニーが実は危険なNGオナニー方法だったということもよくあり、それらを続けていくうちに大変な事態になるということも想定されます。

危険なNGオナニーに多い特徴なのですが、刺激が強すぎるものはそれに慣れきってしまい本番のセックスでうまくできなくなる可能性があるというものがあります。

いつものオナニーの刺激が強すぎると感じている方は、今回の記事を参考にぜひ自分のオナニー方法を見直してみてください!

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.