JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

やりすぎ注意!男性のオナニー依存症の特徴と克服法

  • 気づいたら自分のペニスを握っている
  • 暇さえあればオナニーにふけってしまう
  • すぐにエロい妄想をして自分のペニスをしごいてしまう

そんな方はもしかしたらオナニー依存症かもしれません。「たかがオナニーなんだからやりたいときに気楽にやればいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、ひどい人になると日常生活にまで支障をきたしてしまうこともあるので軽視してはいけません。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

オナニー依存症について詳しく知ろう

では、オナニー依存症とはどのような症状で、それを克服するにはどうすればよいのでしょうか?今回はオナニー依存症について症状から対策までをくわしくまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

どのような症状なのか

オナニー依存症の症状としてまずは「長期に渡って一日に何度もオナニーをしてしまう」というものがあります。暇さえあればオナニーのことが頭をよぎりオナニーを始めてしまうのです。

次に「オナニーの時間がいつも長い」というのもオナニー依存症の症状でしょう。イキそうになっては手を止めて、射精感がなくなってきたらまた手を動かし始めます。このような行為を何時間も繰り返してしまいます。

これらの行為は、やめたいと思っていてもなかなかやめることができず、ついついやってしまうのです。そして、その結果四六時中オナニーのことを考えてしまうようになります。自分がそのような症状だと感じる方はオナニー依存症の可能性があるので要注意です。

依存してしまう原因

オナニー依存症になってしまう原因にはさまざまなものがあります。中でも特に多いのは「オナニーがストレス発散になってしまっている」という方です。

日ごろのオナニーがストレス発散になってしまっている方は、徐々に、やりたいときにすぐ手軽にできるオナニーでしかストレスを発散しなくなっていってしまいます。すると少しストレスが溜まるたびにオナニーをするようになり、それがだんだん癖になってしまいやがて依存していってしまうのです。

デメリットの数々

オナニー依存症にはさまざまなデメリットがあります。まずは「女性の膣でイクことができ辛い、またはイクことができない体になってしまう膣内射精生涯」になってしましまう恐れがあるというものです。膣内射精障害になってしまうとパートナーとの関係は冷え込んでしまい、セックスレスや最悪別れの原因にもなってしまうでしょう。

次に「集中力がなくなってしまう」ということもあります。集中力がなくなってしまうというのは、つまり四六時中オナニーのことを考えてしまう状態になってしまうということなのです。何をしていてもオナニーしたいという欲求が頭に浮かんでしまい、目の前の物事に集中できなくなってしまうのです。

さらに「時間を無駄にしてしまう」というものもあります。オナニーに時間をかけすぎてしまうタイプの依存のしかたをしてしまっている人は時間を無駄にしてしまっていることが非常に多いでしょう。

わかっていてもオナニーを始めてしまうと自分が満足できるまで長い時間をかけてオナニーしてしまうのです。そして終わったあとに我に返り時間を無駄に使ってしまったということを悔いるということを繰り返してしまいます。

克服法

一度オナニー依存症になってしまうと、なかなかそこから抜け出すことが難しいのが現状です。そこでオナニー依存から抜け出す方法をいくつか紹介したいと思います。

エロいことを連想してしまうようなことを極力避ける

アダルトコンテンツなどエロに関するさまざまなものを極力自分から遠ざけましょう。やはり見てしまうとどうしてもオナニーを連想してしまい、そこからどんどんオナニーがしたいという欲が沸いてきてしまいます。そんなふうになってしまわないように極力エロから自分を遠ざけることはとても有効な手段です。

  • PCでアダルトコンテンツを見ない
  • 部屋の片づけをしてエロに関するものを自分の目の届かないところに片づける
  • 若い女性が多い場所には行かない

などできることからどんどん挑戦していくと良いでしょう。

打ち込める趣味を見つける

時間を持て余してしまわないように集中できる趣味を見つけましょう。できればオナニーをする時間も体力もないくらい打ち込めそうなことがベターですが、両方を兼ね備えた趣味を探すことはなかなか難しいので、とにかく打ち込める趣味を見つけましょう。

スポーツや料理、園芸や音楽活動、ゲームや創作活動などなんでも大丈夫なので、時間のあるときは自分の興味のあることにとことん打ち込んでみましょう。オナニーに使っていた時間やエネルギーを趣味に充てることで、そのエネルギーが糧となって自分自身も知らなかった思わぬ才能が開花する可能性もあります。

友達や恋人など人と接する時間を作る

一人になると急にエロいことを連想してしまうという方は、なるべく一人でいる時間を減らし友達や恋人など人と接する時間を増やしましょう。友達や恋人と一緒に出かけたり電話で話をするだけでもオナニーをする時間は十分減らすことができるはずです。近くに誰も友達がいないという場合は遠くの友達に電話をかけてみるか、最悪一人で出かけるという手もあります。

友達との話に集中していればオナニーのことを考えることは減るでしょうし、一人で出かけるだけでも家に一人でいるよりはよっぽど誘惑が少ないでしょう。そんなに難しく考えなくても本当に少し外に出るだけと考えて、喫茶店やコンビニで立ち読み、ご飯を食べに行くなど気軽に外に出てみましょう。気持ちが切り替わり自分の意思をオナニーから遠ざけることができます。

時間の使い方を変えていく

今までオナニーに使っていた暇な時間を別のことをする時間に充てることで、ある程度自分の意思をオナニーから遠ざけることができます。趣味に使うなり友達と過ごすなりオナニー以外のことならどのように使っても大丈夫です。

一人で過ごす暇な時間をうまくオナニー以外の別のことに充てて、今までオナニーに使っていた時間を有意義に使うように時間の使い方を変えていきましょう。そうすればきっとオナニー依存症からも抜け出せるはずです。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.