JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

援助交際で気を付けるべき点とは?男性女性のリスクまとめ

一度援助交際にハマってしまうとその楽しさから抜け出せなくなってしまう人が後を絶ちません。万が一手を出してしまった場合に絶対に守らなくてはいけないポイントをご紹介しています。

法律的にも倫理的にも重要なことなので、覚えておいて絶対に損はありません。男性も女性もぜひ最後までご覧ください。当記事は援助交際を推奨するものではありません。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

そもそも法律的には?


隠語を用いられて昔から存在している援助交際ですが、法律的にはどうなのでしょうか。売春斡旋でニュースになって逮捕された。なんて話はよく聞きますが、個人対の個人のやりとりで罪に問われることはあるのでしょうか。

絶対捕まらないから大丈夫!なんて油断をしていると足元をすくわれる可能性もあります。援助交際をすることの危険性、気を付けなければならない点を理解しておきましょう。

18歳未満の場合は問答無用でアウト

最近特に話題に上がっている児童ポルノですが、お互いの許可があろうとなかろうと金銭が発生しようがしまいが、問答無用で捕まります。日本では18歳に到達するまでの少年・少女を児童を定義しているため、高校に通っていない働いている17歳だろうと関係ありません。

それ以上は実刑例が少ない

18歳以上の男女間で援助交際をした場合には売春法に触れる可能性もありますが、双方納得の上ならば被害者がいないため、裁く法律も方法もありません。なぜ援助交際をするときは隠語が用いられるかという理由はここにあります。

一  公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。

引用:売春防止法

援助交際を持ち掛ける、または募集するためには掲示板を利用する方法が最も一般的です。これが公衆の目に触れるという部分に抵触する恐れがあります。だからこそ直接的な言葉ではなく「ホ別」などの隠語を使用して募集をかけているのです。

運営側が直接的な言葉をNGワードにするのも同様な理由で容認してしまうと、援助交際を募集している場所を提供していることになってしまうからです。

くれぐれも直接的な募集には気を付けるようにしてください。

援助交際で気を付けるべき点

援助交際といえばAVのジャンルの中で非常に人気がある分野で興味があってやってみたいと思う人も一定数いるのが事実です。常に危険と隣り合わせだという事を忘れないでください。

男性だけではなくて女性にも多数のリスクが存在しているので、必ずチェックしておきましょう。法的に限りなく黒に染まったグレーだという事ははじめに頭に入れておいてください。

男性

  • 美人局
  • 持ち逃げ
  • 性病
  • 身バレ

男性の一番のリスクとしては美人局があげられます。社会的にも金銭的には想像できない程の大ダメージを受けることになります。当然チンピラのような素性の知れない輩が出てくるので、味わう恐怖心も並大抵のものではないでしょう。

家族持ちだったら?社会的地位はどうなる?少しの快楽のために失うものが多すぎます。できるなら援助交際はやめましょう。男女ともにいえることですが、性病のリスクもグッと上がります。掲示板で援助交際をするということはまさに不特定多数の人間とセックスをしていることになります。オーラルセックスでも感染する性病も数多くあります。

女性

  • ヤリ逃げ
  • 盗撮からの脅し
  • 性病

まずはヤリ逃げです。法律違反を盾にしてお金を払わずに行為を強要する男がいます。ただし、これについては慎重に接することである程度防ぐことが可能です。前金にするであったりとか、持ち逃げをしない事をアピール(シャワーを浴びる、ベッドに入る)等のあとにお金をもらうとか方法はあります。

一番気を付けなくてはいけないのが盗撮でしょう。ベッドやテーブルなんかにカメラを仕込んで盗撮されてその映像を理由に恐喝されることもあります。当然恐喝となれば警察に通報するべきことなのですが、果たして素直にいうことができるしょうか。男性側はそれを理解した上で恐喝をしてきます。

万が一恐喝されるようなことがあったら、家庭の状況がどうだろうと警察に助けてもらいましょう。

男性の場合は社会的なリスクが大きいですが、女性は精神的なリスクが非常に大きいです。少し働けば稼げるような金額で絶望を経験することもあります。

守るべきポイント


よくよく調べて考えてみるとリスクしかない援助交際ですが、それでも女性側は金銭。男性側は快感、快楽。一度経験すると病みつきになってしまうのです。

どうしてもやめることができないという人は絶対に守るべきポイントがあるので必ず頭に入れておいてください。仮にすべてを守ったとしても安全に援助交際をする。なんてことは基本的にはあり得ませんのでご注意ください。

約束の取り決めは必ず守ろう

援助交際には男性側が提示する条件、女性側が提示する条件、さまざまな取り決めがあります。「プレイ内容」なんかもそうです。

どうしても援助交際をしたいときは取り決められた約束は必ず守るようにしましょう。小さな約束の反故が思わぬ大きなトラブルを招くことを覚えておいてください。揉めることが一番大きなトラブルに発展しやすいのです。

1日しか会わない、今後関わりのない相手かもしれませんが、丁寧に接することを忘れないでください。

相手の年齢の確認は徹底する

主に男性側に徹底してもらいたいポイントですが、年齢の確認だけは絶対に行うようにしてください。免許証や保険証などでもいいです。絶対に確認してから行為をしてください。

18歳未満の女性がわざわざ自分から正直に年齢をいうはずがありません。「騙された」という受け身の感覚になることが自体が間違いであると認識してください。必ず自分から確認を徹底して回避してください。

確認して18歳未満だったらどうすればいいのか?迷わずに真っ直ぐに帰りましょう。

不要なものは持って行かない

男性も女性もリスクがある以上余計なものを所持しないことです。大袈裟に言うと現金を裸でもっていくくらいがちょうどいいです。身バレする危険があるようなものはすべて持って行かないことがベストです。

携帯電話も無防備に取り出すことは危険です。常に警戒心を持ちましょう。

定期的に会う人を作る

安全性を上げる方法の一つとして定期的に同じ人物と援助交際をするという方法があります。女性の目的はお金ですから、安全なら安全な方がいいのです。だから一度出会って安心できる相手だと判断したら関係を続ける。といったほうがリスクを回避できる確率は上がります。

ただし、必要以上に仲良くなるのは止めましょう。そのまま友達みたいな関係になることができればそれ以上ない安心感を得ることはできるでしょうが、それほど都合よくいくものではありません。大体は金銭無しのセックスを要求してきたりと、トラブルの種になります。

募集掲示板などをのぞいていると、若い男ではなくて人間ができていそうな30代から40代を募集している人が多いのも定期でなるべく安全に援助交際をしたいから。という理由からなんです。

気を付けていても危険はすぐ隣に

人間は一度うまくいって大丈夫だと思ってしまうとそのことから抜け出せなくなるものです。今一度、援助交際を行うことのリスクを振り返って考え直してみましょう。

どれだけ気を付けていても100%安全な援助交際なんて存在しません。一度失敗してから取り返せる事なんて世の中にはたくさんありますが、援助交際は違います。一度の失敗が人生の崩壊を招きます。

-風俗
-, , ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.