JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

【決定版】女性が感じるシチュエーション別キスまとめ


上手なキスは、女性を興奮させるのに必須な条件です。セックスの前にするキスも、デートの別れ際にするキスも、彼女との良好な関係のためには、上手であることに越したことはありません。

しかし、ひとえに上手なキスと言ってもそのコツはなかなか難しく、中には下手くそなキスで彼女を幻滅させてしまう男性もたくさんいます。彼女に嫌われないためには欠かせない、「女性が感じるキス」のコツを伝授します

VRで彼女を作りませんか?
VRなら国民的アイドルまで彼女にできる!本物アイドルと夢のセックスしたくない?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

キスで感じさせるにはシチュエーションも大事

女性をキスで感じさせるためには、舌使いや唇の動かし方などのテクニックもそうですが、シチュエーションも重要です。どんな状況でのキスが、女性を感じさせるのでしょうか

不意打ち

まず、女性を興奮させるキスのシチュエーションは「不意打ちのキス」です。女性は、前置きがあってキスされるよりは、断然いきなり唇を奪われた方が興奮します。

よくキスをする前に「キスしてもいい」などと聞く男性がいますが、あの言葉は、かなり女性を幻滅させるものです。基本的には、男らしく突然に唇を奪ったほうが、女性を感じさせることができます。

自由を奪ってのキス


突然のキス同様、自由を奪ってキスをするのも、女性を感じさせるテクニックの一つです。みなさんも、「壁ドン」という言葉を聞いたことはあるかと思います。女性が男性から壁際に追い詰められて、壁をドンッとされてキュンとしてしまう、という状況を表した言葉ですね。

しかし、なぜ女性は壁ドンにドキドキしてしまうのでしょう。答えは簡単。「自由を奪われているから」です。女性は本能的にMな生き物で、男性から多少強引にされることを喜んでしまいます。

ですので、壁ドンからのキスは女性を感じさせるのにとても効果的です。また、両手をつかんで後ろに回して、抵抗できないようにしてからのキスするのもいいでしょう。このように、自由を奪った状態でキスをすると、いつものキスよりも、数倍女性を感じさせることができます。

焦らす

なかなかキスをしないで焦らすのも、女性をキスで感じさせるテクニックです。テクニックでは、いい雰囲気になって、手を握っているなどしているのに、あえてなかなかキスをしません。女性はいい雰囲気になれば、「キスしてほしい」と思っている場合がほとんどですから、そこであえてキスをしないことによって、その気持ちをさらに高めることができます。

キスをする代わりに指で唇をなぞったり、女性の耳にキスをしたりして、焦らしましょう。そして、焦らしたのち、最終的に唇にキスをすることで、女性は「やっとキスができた」と喜びが大きくなり、いつものキスよりも感じることができます。

誰だって、手に入れたくても、なかなか手に入らなかったものが手に入ったときの喜びはひとしおですよねそういう状況をあえて作り出してしまうわけです。

基本的なこと

女性を興奮させるキスのシチュエーション作りはわかりました。では、続いてキスをする際の基本的な注意点いついて解説します。

基本はソフトからハード


キスをする際には、いきなり舌を絡めるようなハードなキスをしてはいけません。キスをするときの基本的な順序は「ソフトなキス⇒ハードなキス」です。もちろん、自分自身も興奮していますから、いきなりディープなキスをしたくなる気持ちはわかります。

しかし、そこはぐっとこらえて、まずは唇と唇を合わせるだけの、ソフトなキスからするようにしましょう。その方が、感情の昂りが実感できるので、女性はより感じます。セックスだって、「前戯もなしにいきなり挿入」では、味気ないですし、快感も半減します。キスもそれと同じで、順序が重要なのです。

保湿には気を付けて


キスをするときには、唇の保湿に気を遣いましょう。乾燥でひび割れているような唇の持ち主と誰がキスをしたいと思うでしょうか。ガサガサの唇では、女性からキスを拒まれてしまうでしょう。夏場でも唇が渇かないように、リップクリームなどで常時保湿しておくことをお勧めします。いつでもどこでもキスできるような唇環境を整えておいてください。

口臭のケアは忘れずに

キスをするときには、口の臭いにも注意を払わなければいけません。タバコや虫歯などで口臭が気になると、気持ちのいいキスどころではありません。女性は口を開いてくれなくなるでしょう。ですので、歯磨きをしっかりすることはもちろん、ガムや口臭ケア用品などで、爽やかな息を保っておくことをお勧めします。

目は閉じるのが基本

キスの最中、目は閉じるのがマナーです。「キスをしている顔を見られるのは恥ずかしい」という女性は多いため、どんなに女性の顔が見たくても、キスの最中、ずっと目を開けているのはNGです。

それに、キスの最中、女性がたまたま目を開けたときに、男性が目をかっぴらいていたら、なんだか怖いですよね。彼女の顔が見たい場合も、目を開けるのは一瞬にしましょう。それに、目を閉じていたほうが感覚が研ぎ澄まされて、自分自身も、よりキスで感じることができますよ。

デートの最中

キスの基本的な注意点はわかっていただけたと思います。次は実戦的なアドバイスです。まずは、デート中に彼女を感じさせるキステクニックをご紹介します。

バードキス

デート中のキスは、人目につかないところでするにしても、街中で行うことが多いため、あまりハードなものはおすすめできません。ですので、唇を合わせるだけなど、ソフトなものが基本になります。

まずご紹介するキステクニックは、「バードキス」です。バードキスとは、唇を軽くすぼめ、唇同士を軽く触れさせるキスのことです。短時間で行えるソフトなキスなので、人がいるところでも、目立たないようにチュッとすることができます。

人がいるところでキスをするのが燃える、という女性も中にはいるので、試してみてもいいかもしれません。ポイントは、唇をすぼめすぎないことです。唇をすぼめすぎてしまうと、唇が硬化してしまい、せっかくのキスが気持ちよくなくなってしまいます。「軽くすぼめて軽く合わせる」、これが気持ちのいいバードキスのコツです。

頬や指へ

なにも唇と唇を合わせるだけがキスではありません。頬や指へのキスも、立派なキスです。デート中エレベーターに乗っているときや道を歩いているとき、さりげないタイミングで頬や指にキスをしてみましょう。

唇へのキスではないので、人目もそこまで気にせず、気軽にすることができます。また、その際に「今日もかわいいね」とか「好きだよ」というような言葉を添えると、より効果的です。

スライドキス

最後はスライドキスです。スライドキスはソフトなキスの中でも、わりかし激しい部類に入るので、女性とホテルに行く前や、もっと雰囲気を高めたい、というときに使うのがおすすめです。スライドキスは、口を軽く開け、唇を合わせた状態で、上下左右にスライドさせる方法です。

ポイントは「軽く唇を合わせる」ということです。強く重ね過ぎると、唇同士がうまく擦れません。スライドキスは、唇同士がこすれあうことによって快感が増します。ですので、軽く唇を滑らせるようなイメージで行いましょう。気持ちのいいスライドキスができれば、女性は必ず感じてくれますし、雰囲気も盛り上がりますよ。

セックス前


次は、セックスの前のキスです。もちろんソフトなものからハードなものになっていくという、基本のセオリーは変わりませんが、セックスの前のキスは、舌同士を絡める「ディープキス」が中心になります。では、以下で詳しく見ていきましょう。

スロートキス

まずはスロートキスです。スロートキスとは、相手の舌を吸うスロートキスのことを指します。ディープキスは、基本的に舌を絡ませあうものですが、ただ絡ませあっているだけではキスがマンネリ化してしまいます。

恋愛関係でもそうですが、キスにも緩急をつけることが大事です。ですので、スロートキスのように、絡ませる以外の刺激を与えましょう。スロートキスのコツは、「吸い過ぎないこと」です。求めすぎるあまりに吸い過ぎてしまうと、相手に不快感を与えてしまいかねません。キスの基本はあくまで「優しく」です。

インサートキス

次にご紹介するのは、インサートキスです。相手の口に舌を出し入れするキスをこう呼びます。インサートキスのコツは、舌を少しとがらせて、口に舌を入れる時間を長くし過ぎないことです。短時間の挿入を、何度も繰り返すことで、相手を興奮させることができます。リズミカルに、行って、多少挿入の強さに緩急をつけると、より効果的です。

注意点は、一度舌を挿入し、抜き終わった後は唇をなるべく離すことです。そうしないと、ずっと唇がくっついた状態で、舌だけを動かすことになり、キスがマンネリ化しやすくなってしまいます。一度唇を離し、快感をリセットすることで、緩急のついたインサートキスをすることができます。

サーチングキス

最後はサーチングキスです。サーチングキスとは、舌先で相手の歯茎を左右に軽くなぞるキスになります。「え歯茎にキスすることなんてあるの」と思われた男性もいるでしょう。しかし、歯茎は立派な性感帯なのです。

試しに、自分の下で口の中の色々なところをなぞってみてください。なんだかくすぐったい、と感じる箇所がいくつかあると思います。それが口の中で、相手の舌が触れたときに気持ちいと感じる場所なのです。歯茎もその一部で、相手に舌で触られると、ぞわっとした気持ちいい感覚に襲われます。

サーチングキスのコツは、舌を歯茎の奥まで入れ過ぎないことです。歯との境目あたりを優しくなぞってあげましょう。あまり奥まで舌を入れ過ぎると、やはり不快に感じてしまう女性もいます。やり過ぎは禁物です。

口の周りを汚さないのが上手なディープキス

どんな種類のディープキスであっても、「口の周りを汚さない」というのが上手なキスの証拠です。キスがあまりうまくない人の中には、エキサイトしすぎて相手の口の周りを自分の唾液で汚してしまう男性もいます。

確かに情熱的ではありますが、女性の側からすれば、あまり心地のいいものではありません。たとえ感情が昂ってしまっても、落ち着いてキスできるようなマインドを手に入れましょう。そうすれば、女性をキスで感じさせ「キスが上手」と思ってもらえる日も遠くありません。

より楽しいデートにするために

女性を感じさせるためのキステクニックをご紹介しました。恋人と良好な関係を築くには、普段の会話や楽しいデート同様、上手なキステクニックも必須です。ご紹介したテクニックを参考に、女性をキスだけで感じさせてしまう「キス上手」を目指してください。

-キス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.