JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

知らないうちに…やってるかも! アナタに彼氏ができない理由はコレ

周りの友達は常に彼氏が絶えないのに、何故か私はいつも一人…そんな寂しい女子は一体彼女達と何が違うのでしょうか?自分では気づかないうちに「彼氏できないオーラ」を纏ってはいないですか?彼氏が出来ないのは誰かのせいだとか何かのせいだとか言う前に、もう一度自分を見直すいいチャンスです。

大人気女優のVRも半額!
4月25日(水)から5月9日(水)までの二週間!DMMの対象作品がなんと半額!
紗倉まなをはじめとする大人気女優作品や超リアルで抜けまくると話題のリアル痴漢シリーズまで50%オフ!
ぶっちゃけ大人買いまで検討するレベルです。
不定期開催の最強キャンペーンを逃すな!

「出会いがない」

これが彼氏いない女子の常套句です。でも実はそうではないということを本人達も気づいているのに、仕方なく言い訳として使っているのかもしれません。こんなに色々なことが溢れている世の中で、まず「出会いがない」なんてことはありえません。

一歩外を歩けば、どんな地方にだってレストランや居酒屋、アミューズメントはありますし、街中を歩けば至る所に相席屋らしき店があったり、巷では婚活パーティーが頻繁に開催されています。できない理由は周りのせいではなく、自分自身なのかもしれません。今のうちにできない理由を知って言い訳から脱却し、来月の今頃には素敵な彼氏をゲットしましょう!

【理由その1】気づけばいつも女子会

まずいつものアナタの行動パターンを思い出してみてください。アフター5は何処で何をしていますか?休日は何をして過ごしていますか?ランチやディナーは誰と食べていますか?気づけばいつも女子会になっていませんか?

ランチはいつも女子3.4人で社食か職場近くのレストランでワイワイと。仕事帰りはいつものメンバーで居酒屋ビールで乾杯!そこで話す内容はだいたい仕事の愚痴か男性の話、そして皆の大好物であるゴシップネタ。休日は女友達数人集まってウィンドウショッピングしてカフェ巡り。

いつの間にかこういった行動パターンになっている人は要注意です。これは流行りのお一人様より質が悪いのです。一人で行動しているのであれば、まだ出会うチャンスはあります。女子2人でもまだ出会うチャンスはあります。

しかし、女子数人が集まった女子会となると話は違ってきます。そこには完全な女子校バリアのようなものができてしまい、身内で和気あいあいと盛り上がってしまい余所者を寄せ付けない雰囲気を醸し出してしまっています。

いわゆる「井戸端会議」ですね。何を話しているのかを想像しただけで距離を置きたい気がします。そんな女子の集まりに、わざわざ素敵な男性は近づいてこないと思って下さい。もちろん女子会は大切です。日頃ストレスは溜まりますし、女友達は大切ですし、色々な情報収集には欠かせないものです。ただ、過度の女子会が出会いそのものを遠ざけるということは間違いありません。

【理由その2】自分スタイルまっしぐら

「好きな人によってコロコロ変わる女にはなりたくないよねぇ」そう言って、頑なに自分スタイルを貫きすぎていませんか?少しだけ肩の力を抜き、周りを見渡してみてください。意外と浮いていることに気づくかもしれませんよ。

私はモノトーンしか似合わないからと、デートの時もモノトーンスタイルだったり、ガーリー大好きで、年相応ではないブリブリのスタイルを崩さなかったり、ここ数年、そういえばずっと同じ髪型だったり同じメイクだったり、スカートなんて恥ずかしくて履けないとパンツスタイルばかりだったり、ダイエット中だからと、どんな時でも炭水化物を食べなかったり…

思い当たることはないですか?個性は大事ですが、個性を出しすぎると男性はひきます。ある程度は世の中の流れに流されてみたほうが受け入れられやすいのです。「いえ、私はありのままの私自身を認めてくれる人がいいのです」

そういう方は、多分自分で自分を狭い世界へ閉じ込めているのかもしれません!そんな個性的で自分スタイルを貫く女性が好きな男性も勿論たくさんいます。しかし、やはり同じような感性の持ち主であることが多く、人口数は限られてきます。

全男性が範囲内なのか、限られた男性が範囲内なのか、彼氏ができる確率に大きく関係してきますよね。あと2cm前髪を伸ばせば、あと1色明るい差し色を使えば、あと1トーン明るい髪色にすれば、デートの時だけダイエットを忘れれば、5回に1回スカートを履けば、更に多くの男性と出会いが生まれるはずなのに…と、ほんの少しだけ損をしている女性が多いのです。

頑固に自分を主張するより、少し柔軟になったほうがお得です。

【理由その3】休日はパジャマ&すっぴん

休日はどういう風に過ごしていますか?普段のお仕事や家事の疲れから、休日くらいゆっくりしたいと思うのは当然です。しかし、一日中パジャマのままで顔も洗わず家に閉じこもっていては、出会いなんてあるはずないですよね。

知り合いの男性のお話ですが、その男性の奥様は毎日朝起きると一番に化粧をするそうです。その奥様は2児の母である主婦なのですが、特に出かける予定がない日でも関係なく毎日だそうです。ある日男性が奥様に「なぜ毎日化粧をするの?面倒くさくない?」と尋ねたところ、「なんだか化粧をしないと気合が入らないし、オンとオフが分からなくなるから」という応えが返ってきたそうです。

家事と育児で毎日バタバタしている奥様は、きっと化粧をしている時間ももったいないと感じるくらい忙しいはずなのですが、その気持は女性としてとても大切だなと感心しました。休日にまで、お仕事に行く時と同じようにばっちりメイクをしましょうというわけではなく、ナチュラルメイクでいいので、休日も少し気を張っておきたいですねということです。

そして、ルームウエアも出来るだけ女性らしいものに変えてみてください。もしも味気ないスウェットを着ているのであれば、肌触りの良いオーガニックコットンやシルクのものに変えてみるとか、色をピンクや白などに変えてみるとか、ほんの少し変えてみるだけで気分はガラリと変わります。

もし突然誰かが訪ねてきても、もし突然のお誘いがあってもいいように、常に人に会える体勢を整えておくのが出会いに繋がる大きな心がけかもしれません。

【理由その4】力みすぎた自分磨き

多くの男性は、実は女性が思っているよりもナチュラルな人が好きという事実。年齢に関係なく、「白いワンピースにロングヘアの女性が好き」という男性がいまだに多く存在することにビックリさせられます。

  • グリグリパーマよりナチュラルなストレート。
  • バッチリメイクよりナチュラルメイク。
  • 原色よりパステルカラー。
  • 盛々マツエクより自然なまつ毛。
  • ガリガリスリムや鍛え上げた身体より少し肉の付いたナチュラルボディ。

このように、より自然なほうを選ぶ男性は多いのではないでしょうか?容姿や身体つきは人それぞれ違いますが、あくまでも手を加えすぎず力みすぎず、元の自分に少しだけ脚色したくらいがいいということです。雑誌や人の真似をして頑張るより、自分の容姿や体型を受け止め、それを活かすほうが断然良いのです。

あまりに頑張りすぎているのが分かる女性といると男性は落ち着かないですし、あまりに派手な女性だとお金がかかりそう…と敬遠されてしまいます。肩に力を入れ過ぎているなと気づいたら、少し力を抜いてみるだけで周りの男性の視線が変わってくるはずです。

【理由その5】口癖になっているネガティブワード

「どうせ…」

「でも…」

「だって…」

アナタの口癖、これに当てはまっていないですか?もし当てはまっているという人は要注意です!異性でも同性でも、常にこんなネガティブワードを口にしている人と一緒にいるのは嫌なものです。そして大抵の場合、そういったネガティブワードを口にしている時の人の顔は美しくありません。

どんなにキレイな女性でも、なんだか陰気で不幸そうに見えてしまいます。男性が女性と話をする時は、自慢したいか元気づけてほしい時、そしてただ優しく聞いてほしい時です。男性の威厳を守ってくれる女性や、落ち込んだ時に元気にしてくれる女性、そして疲れた時に癒してくれる女性を求めているのです。

そんな時に、先に述べたようなネガティブワードばかり出てくるとゲンナリしますよね…。この女性に話さなければ良かった…と後悔させてしまうでしょう。それよりも「大丈夫」「素敵」などのポジティブワードをどんどん口にしましょう。

きっと自分も相手も良い気分になれるはずです。日々の戦いで疲れた男性は、仕事を離れてまでネガティブワードなんて聞きたくないのです。

【理由その6】間違いだらけの情報源

アナタの恋愛の情報源やアドバイスはどこからですか?例えばアナタが、結婚に繋がる出会いを求めているのであれば、彼氏が月単位で変わるような女性の話を参考にしないでください。もしアナタが、特定の彼氏を作るよりも今はたくさんの男性と出会って見定めたいと思っているのであれば、学生時代の彼氏と結婚して子供もいるような、幸せな主婦の話は参考にならないかもしれません。

何故ならば、求めているものが違うからです。それが100%ダメというわけではありませんが、遠回りになってしまう可能性があるのです。

もしもいち早く結婚に繋がるような出会いを求めているのであれば、実際に結婚して幸せな毎日を過ごしている女友達に話を聞くのが早いかもしれませんし、もしできるだけ沢山の男性とデートしてみて恋人になれるかどうかを考えたいというのであれば、プロのホステスさんや常にモテモテの女友達に話を聞いているといいかもしれません。

自分とはかけ離れすぎた価値観を持つ友達や、間違えた方向性の雑誌等を参考にすればするほど、どんどん素敵な出会いと離れていくかもしれませんよ!自分はどんな恋愛を求めているのか、今の自分は何が必要なのかを自己分析することによって、おのずと情報収集するべき源が分かってくるはずです。

余計な情報まで頭に入れて恋愛迷子になってしまうより、ピンポイントのアドバイスを得て素敵な最短距離で素敵な出会いを手に入れましょう!

最後に

自分らしさや個性、そして身分磨きの時間はとても大切です。忙しい日々の中で恋愛のことばかり考えてもいられません。しかし少しだけ恋愛モードをオンにしてみるだけで、あらゆる場所に「出会いのチャンス」が転がっているのに気づけるはずです。

出会いの場は、思った以上にアナタの身近にたくさん転がっています。それが社内なのかバスの中なのか、ピザ屋の配達なのか居酒屋のトイレの前なのか分かりません。いつであろうが何処であろうが、常に恋愛モードをオンにしておけば、きっと素敵な出会いが舞い込んでますよ。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.