JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

「男性向け」正しいオナニーのやり方

男性のみなさんの中には毎日のようにオナニーをしているという方も多いのではないでしょうか?オナニーは自分の趣味嗜好を好きなように取り入れて性的欲求を満たすことができる行為なので、通常のセックスとはまた違った快楽を得ることができます。そのためオナニーとセックスは全く別物と考える男性も珍しくありません。

ただ、オナニーをすること自体は問題ないのですが、間違った方法でオナニーをしてしまっていると少々厄介な問題に直面してしまうことがあります。正しいオナニーをすることができていれば問題はないのですが、ほとんどの男性はなにかしら間違った方法でオナニーをしてしまっている場合が多いのが現実です。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

間違った方法のオナニーをしてしまうと様々な問題が…

間違った方法でオナニーをしてしまうと女性の膣で射精できなくなってしまう膣内射精障害やペニスの変形、遅漏、勃起障害などさまざまな問題が生じてしまう可能性があるので注意が必要です。そうなってしまわないためにもまずは正しいオナニーの方法を知ることから始めていきましょう。

正しい方法を身に付ける

今回はオナニー大好きな男性たちのために正しいオナニーのやり方をまとめてみました。もしあなたがすでに遅漏や膣内射精障害になってしまっていて悩んでいるという場合でも今からでも遅くはないので間違ったオナニーから脱却し正しい方法でオナニーしていけるように努力してみましょう。

正しい方法でオナニーすることができるようになればいずれは膣内射精障害や遅漏も克服できるはずなのできちんと現状から抜け出すことを第一の目標としてがんばってみましょう。

リラックスして行う

オナニーを始める前は、極力体全体の力を抜いてリラックスすることを心がけるようにしましょう。リラックスできていない状態でオナニーを始めてしまうと無駄な力が入ってしまいペニスを強い力で握ってしまう恐れがでてきます。特に手足に力が入ってしまっていると、それだけで危険なオナニーになってしまいかねません。

オナニーを始めるときは、体に力が入り過ぎていないかを十分に注意したうえで、リラックスできていると感じたときに始めるようにしましょう。では、リラックスできていないのにムラムラしてきてしまった場合どう対処すればよいのでしょうか?

そういう場合、まず深呼吸をしてできるだけ頭を「無」の状態にします。いったん深呼吸して落ち着くことで体は次第にリラックスし始めるはずです。それでもどうしても難しい場合は体をうごかして一度オナニーから遠ざかるのが良いでしょう。頭からオナニーをなくしてそれから再度落ち着くことに専念してみましょう。

強くイメージする

普段のオナニーでたいていの人がやってしまいがちなのが、刺激的な動画や本をおかずにさっさとオナニーを終わらせてしまうことです。オナニーをするときにエロ動画などのおかずを見すぎてしまうと、いざ本番を迎えたとしてもそのおかずがないとイケなくなってしまうことがあります。

オナニーをするときは普段からイメージする力を伸ばすように妄想するトレーニングをして本番で射精できなくなってしまうという事態に陥らないようにしておきましょう。

イメージしてオナニーする方法ですが、普段オナニーでエロ動画や雑誌に頼りっきりだという男性は一度自分の妄想だけでペニスを勃起させることができるかどうかを試してみましょう。

ペニスには指一本触れずに妄想だけでペニスを勃たせることができれば今のところ問題はなさそうです。このまま妄想する力をどんどん鍛えていきましょう。妄想だけではペニスを勃起させることができなかった男性は、普段からエロ動画などの刺激的なおかずに頼りっきりではありませんか?

今の時代パソコンやスマホを使って無料で簡単にエロ動画を見ることができます。しかも、その内容もさまざまな趣味嗜好を網羅した刺激的なものがたくさんあり、自分の好みに合わせてどんな動画でも探せば見つかってしまうほどです。

ネットのエロ動画は簡単に自分の好みに合わせた刺激的なものを見ることができる一方で、我々男性の本来持っているはずの妄想する力を著しく奪っていきます。たしかにエロ動画の魅力は凄まじいですが、それに頼りすぎてしまうと自力でペニスをコントロールできなくなってしまい、本番で勃たないなどの障害が起きてしまいます。

そのような状態になってしまわないためにも妄想する力を高めることはとても重要なことなのです。妄想することの重要性に気付いたあなたは、今日からエロ動画でのオナニーの回数を減らし、自分の妄想だけで勃起させる日を作るなどして妄想する力を鍛えていきましょう。

刺激は女性の膣より低くすることを意識しましょう

オナニーをするときの刺激もたいへん重要なポイントになります。あまりにも強い刺激に慣れてしまうと女性の膣の締め付けでは全く気持ちよさを感じられなくなってしまうこともあります。特に利き手でしごいているという方は要注意です。知らず知らずのうちに力が入ってしまっている恐れがあります。

女性の膣の締め付けの強さは個人差がありどれくらいの強さがよいかという具体的なことは言えないのですが、なるべく強い力で握ってしまわないためにも利き手と逆の手を使ってみたり人差し指と親指でわっかを作ってそれでしごくなど工夫をしてみると良いでしょう。

高速ピストンは避け、ゆっくりとしごいていく

その気持ちよさから高速でしごいて射精まで短時間で終わらせてしまう方も多いとは思いますが、高速ピストンもペニスに凄まじい刺激を与えてしまう行為です。ペニスを握る力を弱くすると同時にペニスをしごく速度もゆっくりするようにして、時間をかけたオナニーをすることを心がけるようにしましょう。

オナホールを使ってみる

オナホは女性の膣に似せて作られているため、その刺激は男性にとってちょうど良いものになっています。オナホを使う機会があるならこれまでの説明をもとに使ってみると良い練習になります。

まずはリラックスして体全体の力を抜き無駄な力が入ってしまっていないかを確認しましょう。オナホを使うときは、エロ動画などで勃起させるのもいいですができれば自分の妄想だけでペニスを勃起させてから挿入することをおススメします。そして最後までなるべくゆっくりと動かし時間をかけて射精するようにしてみましょう。

この練習は、すでに膣内射精障害になってしまっている方や、その兆候が見られる方を正常な状態に戻すために非常に有効な訓練法です。また、低刺激で普段のオナニーにもぴったりなので、オナホを使えるタイミングがあるのならぜひ積極的に取り入れていってほしいと思います。

膣内射精障害に陥らないために

「間違った方法でのオナニーをしてしまうと様々な問題が…」の項目でも説明したとおり間違った方法でオナニーを続けてしまうと膣内射精障害になってしまうなどさまざまな問題が出てきてしまいます。間違ったオナニー法は『男女別、危険なNGオナニー方法』で詳しく説明しているので、合わせて読んで参考にしてみてください。

そして、今回の記事を参考に正しいオナニーの方法を身に付け、間違ったオナニーをしてしまっていたという方は一刻も早くそのオナニーから抜け出す努力をし、女性の膣内で射精できる正常な体に戻すことを目標にしましょう。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.