JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

風俗遊びの性病リスクを回避!症状や予防法まとめ

風俗遊びをした後にちょっとあそこの調子が悪いんだよね。風俗にいってみたいけど性病とか怖いし。そんな人にぴったりな記事をご紹介いたします。風俗遊びをすることによって性病に感染するリスクがあるということを理解したうえで楽しく遊びましょう。

性病の感染経路や風俗の種類別のリスクの高さ、予防方法などを勉強してなるべく安全に風俗遊びをしましょう。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

なぜ感染するのか

一般的に性病は空気感染したり、突然かかるものではありません。性行為を行うことによってウィルスが侵入することによって発症します。

精液や膣分泌液といった、いわゆる愛液の中や、血液のなかに含まれていて、そのウィルスが性器や口などの粘膜に触れることによって感染していきます。なので、元々性病に感染していない人とどれだけどんなプレイをしても性病に感染することはありません。

風俗店を利用することによりリスクが増える

男性にとって必ずと言ってもいいほど通る道である風俗遊び。これには性病のリスクが必ずといっていいほど付きまとってきます。

不特定多数の人間とフェラチオなどのオーラルセックスを含む性行為を繰り返している女性と身体の関係をもつことはそれだけ性病になるリスクが倍々になっている。ということがおわかりいただけると思います。

勤務している女性のケアはしっかりとされている

まるで風俗嬢のすべてが性病をもっているみたいな聞こえかたをするかもしれませんが、そんなことはありません。風俗店によっては定期的に病院と提携してあらゆる性病の検査を行っているところもあります。

ただ、それだけ徹底しても感染した瞬間に治すことができないのが性病です。接客→休む→検査を繰り返していたら仕事にならないのが現状です。接客から検査結果までの間で感染することも大いにありえますので、検査をしているから100%安全なんだとは思わないようにしましょう。

代表的な性病の種類

風俗遊び後に性器に異常が発見された場合に、症状から性病の見当がつくようにおおまかに性病の種類や症状を確認しておきましょう。

把握ができていなく、そのまま放置してしまうことで重大な症状に発展する性病もあります.

病名潜伏期間症状
クラミジア20日~30日排尿時の痛み、性器から分泌液が出る
淋病当日~数日排尿時の激痛。性器から膿がでる
性器ヘルペス当日から進行かゆみと痛みをともなった赤い水疱ができる。
尖圭コンジローム30日~60日感染部位にイボができ、カリフラワー状に形状変化する
トリコモナス10日排尿時の痛み、前立腺に炎症が起こる
梅毒20日~30日しこりができたあとにバラのような発疹が発生する。放置し続けると死に至る
HIV数年~10年以上免疫力や抵抗力がなくなりさまざまな感染症にかかる

不安だなと思ったら自宅で検査できるキットなども販売されているので、風俗遊びをするかたはリスク回避のために一度性病のチェックをしてみることをオススメします。

風俗の種類別にみる性病のリスク


風俗遊びといってもさまざまな種類の風俗が存在しています。よく風俗遊びをするという人は自分がよく利用している風俗の種類がどれくらいの性病リスクがあるのかを理解しておきましょう。

クラミジア感染率No.1「ピンサロ」

お手ごろな料金で手コキやフェラチオで抜いてもらえる風俗店として一定の需要を誇っているピンクサロン(ピンサロ)ですが、その実態は性病のリスクが非常に高い危ない風俗なんです。

基本的にサービスのフェラチオではコンドームをつけない生フェラが一般的です。回転率も早いことからあらゆる風俗業態の中で一番性病を持っている風俗嬢が多いと言われています。

世で恐れられているHIVや梅毒などの性病にかかるリスクは少ないですが、喉を経由して感染するクラミジアや淋病のにかかるリスクがぐっと上がります。

あらゆる性病のリスク「ソープ」

オーラルセックスから挿入まで性行為のほとんどがプレイ可能なため、ほぼすべての種類の性病に感染するリスクがあります。ただ、よほどの人気嬢でない限り一日に接客する数は限られているということと、風俗嬢自身も性病に対する意識が高い場合が多いことからゴムを使用すればそこまでリスクは高くないようです。

とはいえオーラルセックスよりも本番セックスで性病に感染するケースが7~8割以上と言われているので、必ずコンドームを着用して粘膜の接触をなるべく控えるようにしましょう。

ノースキンといわれる生挿入をウリにしているソープも中には存在していますが、絶対に利用しないようにしましょう。確率の問題ではなくモラルの問題に近いです。

年々増加傾向にあるHIVなどのリスクも十分にありますので、自己防衛はしっかりと行いましょう。違和感を感じたらすぐに検査を受けるようにしてください。

オーラルエックスに注意「ヘルス」

本番セックス行為のないソープのような位置づけですが、前戯後すぐに挿入するソープに比べてオーラルセックスや素股などによる粘膜が直接接触するプレイに、より多くの時間をかけるため、そのぶん性病に感染するリスクはあがります。

アルバイト感覚のお小遣い稼ぎという感覚でデリヘルに勤務している嬢も少なくないので、性病に対する意識もそこまで高くありません。お店が検査を義務付けているところも少ないので、かなり危険な部類の風俗になります。

AFができる風俗店

ちょっとアブノーマルなプレイが好きな人だったり、彼女にはできないからという理由からアナルセックスができる風俗店を好んで利用している人は要注意です。直腸は非常に傷つきやすく、少しの刺激で出血することがあります。

これにより血液感染のリスクが跳ねあがり、結果性病にかかってしまう可能性が高まります。妊娠する可能性がゼロだからと生でアナルセックスをしてしまうとHIVを含めたすべての性病にかかるリスクがあります。

実際にHIV保有率が一番高いのは男性の同性愛者の人たちです。

風俗での性病感染を予防するには

風俗遊びは一度経験してしまうと性病のリスクがあるからといって簡単にやめられるものではありません。中には風俗遊びを楽しみにして日々の仕事を頑張っている。なんて人も存在するくらいです。

だからこそ、性病のリスクを極限まで下げて楽しく利用することを心がけましょう。すべてを防ぐことはできませんが、なにもしないよりは感染リスクを格段に下げることができるので、実践してみましょう。

必ずコンドームを着用する

性病リスクを回避するためには基本中の基本であるといえるでしょう。ソープで本番行為をする際にも必ず着用してください。普通は挿入する前にコンドームを装着するのが一般的だと思われていますが、性病を回避したいのであれば、オーラルセックスの前、つまりは性行為をはじめる前に装着するようにしましょう。

粘膜が触れ合うオーラルセックスは控える

男性がサービスを受ける分にはコンドームを着用することができるので性病感染リスクはゼロであると考えていいです。気を付けなければならないのは逆に男性側が風俗嬢に愛撫をするときです。クンニやキスなどの粘膜が触れ合うオーラルセックスを極力控えましょう。

口の中が切れているとか荒れている。という場合には絶対にしないようにしてください。血液感染のリスクも同時に高まってしまいます。

すべての性病は予防できない

上記の予防をおこなっていれば、大体の性病への感染リスクは大幅に減らせることができます。しかし性病の中には粘膜や血液だけではなく、接触することによって感染する性病もあります。

猛烈なかゆみが襲ってくるケジラミや、一度かかると8割以上の人が再発を繰り返してしまう性器ヘルペスなど症状こそ軽めなものの、厄介な性病です。

風俗遊びで不特定多数の女性と性行為をする以上は性病感染のリスクをゼロにすることができないということだけは覚えておいてください。

くれぐれも風俗遊びには気を付けよう

色々な女性をえっちなことができる風俗遊びは非常に魅力的なものですが、性病のリスクも通常のセックスよりも高いということを必ず覚えておきましょう。

自分だけではなく現在のパートナーや今後のパートナーすらも傷つけることになりかねません。もしも少しでも異常を感じたら必ず医療機関で検査を受けるようにしましょう。自己防衛も紳士のたしなみですね。

-風俗
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.