JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

キスまで美しくいたい!キス顔美人とキス顔ブスの違い


どんなに美しい女性でも、キス顔に自信がある女性って少ないと思います。相手にしか見えないキス顔ですからね、どんな風に見えているか心配になります。可愛いキス顔であるならば、彼はもっとあなたのことを愛らしく思うでしょうが、もしキス顔がブスだったりしたら…?

いくら好きな彼女だとしてもほとんどの男性は彼女のブス顔には萎えてしまいますよね。男性はいつまでも女性に夢を見ていて、ブスな顔は受け入れたくないのです。そんな彼にまで萎えられてしまうブス顔にあなたはなりたくないはずです。だからこそこの記事を参考にあなたはキス顔美人になって彼と素敵なキスができるようにしましょう。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

キス顔ブスとキス顔美人の違い


そもそもあなたは自分のキス顔を意識したことはありますか?最初こそ意識していなかったキス顔もこの記事を読んで「私はどっちなんだろう…?」と不安になった女性もいると思います。

なので、今日は自分のキス顔がブスなのか美人なのかはっきりさせ、これから改善できるところは改善していきましょう。では、キス顔ブスとキス顔美人はどのような違いがあるのでしょうか?

白目と気づかずに

意外にも目を閉じずにキスをしている女性って多いんですよね。目が閉じていないと言っても普段通りに開けているのではなく、うっすらと白目がむき出しになっているのです。

ツケマツゲでそうなっているのか、瞼の皮膚が足りないのかはわかりませんが、いざキスをしようと彼女の顔を見ると「え!?何で白目になっているの!?」となったことが過去に何度もあります。一回白目を見てしまえばキスどころではなくなり「どうして白目なの…」と困惑してしまうのです。

もちろんキスに集中できません。それが何度も続けばキスをする気もおきなくなってしまいます。私はいつも白目を向いてキスをしてくる恋人に「どうして白目を向いているの…?」と聞いたことにより本人は「白目向いていたの!?」と自覚できるようになりました。

男性は気づいたことがあってもなかなか女性に言えないものですから、心配になった方は一度鏡で確認してみるか、友人などに確認してもらうか、セルフカメラで確認してみるようにしましょう。想像以上に恋人が白目を向きながら迫ってくるキスは恐怖でもあり、キスに集中できないものですよ。

目が閉じている

キス顔美人の第一の条件はやはり目が閉じていること。キスをするのに目を大きく開けられていれば怖いし、上記で説明した通り白目を向かれていたらより怖いです。

なので、キス顔美人を目指すのであればまずは目を閉じることから始めましょう。男性は単純な生き物なので、恋人がキスをする時に目を閉じているだけで「可愛い」と思うものです。

鼻毛が出ている

鼻毛は男性が出ているイメージが強いですが、男性よりは少ない数ではありますが、女性だって出ている人は出ていますよね。しかし、どんなに美しい女性だとしても鼻から一本毛が出ているだけで間抜けに見えてしまうものです。

私の友人は鼻毛に気を遣っているそうですが、笑うたびに1,2本必ず出ています。それを見つけてしまうたびに鼻毛から目を離せませんし、話もろくに入ってきません。それくらい鼻毛には破壊力があるということです。

なので、キスの場面で鼻毛が出ていてはそれ以上にキスに集中ができないということですね。最悪の場合彼は吹き出してしまうかもしれません。鼻毛や鼻くそもそうですが、鼻息もキス顔ブスの一つ。

つい興奮と緊張のあまり「フーッフーッ」と鼻息を荒立てるとします。顔が近ければ近いほどその鼻息は彼の耳に届いてしまいますよね。そうなれば彼は「すごい鼻息だな…」と引いてしまう可能性が高いのです。口元に一番近い鼻はこれからキスをする前に一度確認をしておいた方が良さそうですね。

鼻はもちろん肌もケアされている

当たり前のようにキス顔美人は鼻毛が出ていたり、鼻くそが出ていたり、鼻息が荒くなったりしません。それどころか肌のケアもきちんとされています。

もしあなたが男性だとして、愛しの彼女に近づいたときに鼻毛は出ているし、毛穴もすごい、肌はニキビが目立つ…そんなキス顔だったらどうしますか?もちろん嫌いにはならなくても引いてしまいますよね。

それをわかっているキス顔美人は目や鼻だけではなく、肌にも気を遣っているのです。なので、キス顔美人を目指すあなたは肌のスキンケアも今一度目指して唇だけではなく、頬にもキスをしたいと思わせるような肌を目指していきましょう。もちろん鼻のケアも怠らないでくださいね。

唇に力が入りすぎ

キスをするには唇が命だと言っても過言ではありません。なんせ唇と唇がダイレクトに触れるので唇に力が入りすぎていると気持ちいいキスができませんし、唇の皮がガサガサだと彼の唇を傷めてしまうこともあるのです。

男性がキスをしたくなる唇はぷるぷるで柔らかい気持ちがいい唇なので、緊張で唇に力が入ってしまうと見た目的にも感触的にもよくありません。どんなに彼とのキスに緊張をしているとしても余裕を感じさせられるような唇を意識していきましょう。

そして、唇のケアは基本中の基本なので、怠っている女性はこれから必ず意識してください。今は美容液と保湿成分が入っているリップも数多く売っているのでそれをするだけでも唇の潤いは全く違いますよ。

アヒル口

一時期アヒル口が流行りましたが、今ではそんなわざとらしい唇がダメだという人も増えてきています。確かに常にアヒル口でいられたら「わざと作っているの?」と思いますが、キスをする時だけは別。

彼女が目を閉じて若干のアヒル口で迫ってくればどんな男性も可愛さにノックアウトされてしまいます。加えて唇がぷるぷるだったら一回のキスでは終わらないくらいに魅力的です。

キメすぎても逆効果

今紹介したキス顔ブスを全て想像してみてください。ほとんどの人は「ブスだな」「これじゃあキスしたくなくなるよなぁ」と思いませんか?全てを合わせたキス顔も最悪ですが、一つでも当てはまっていれば完全にキス顔ブスですよね。

とは言え、キス顔美人を目指しすぎてキメすぎても不自然で逆効果なのです。「完璧」を目指すよりは「ちょっと可愛い」くらいを目指した方が男性にはちょうどいいでしょう。

完璧を目指しすぎてしまうと「気合い入りすぎだろう」とドン引きされてしまう可能性もあるので、ここはやりすぎに注意してください。それができればあなたもキス顔美人になれますよ。

男性は期待をしている

今回はキス顔ブスとキス顔美人の違いを紹介しました。どんな男性でも心の中では女性のキス顔に期待をしているものです。愛しの彼女ですから、キス顔も絶対に可愛いという期待が自然とあるそう。

なので、白目を向いていたり、鼻毛が出ていたり、唇がカサカサだったりすればその分大きく幻滅してしまうということです。だからこそあなたは彼のためにも自分のためにもキス顔美人を目指さなくてはいけません。

今この記事を読んでキス顔美人だったあなたは問題ありませんが、そうではなかったあなたはこの記事を読んで今からでもキス顔美人になる努力をしなくてはいけません。

勝手にキス顔を期待されていることは腑に落ちないかもしれませんが、逆に考えてみればキス顔美人になることでより彼から愛されるということです。今日からキス顔美人になって彼と素敵なキスができるようにしましょう。そして、彼から今よりももっと愛されてくださいね。

-キス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.