JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

愛情に見返りは求めちゃダメ!愛が破綻してしまう理由


あなたは彼との恋愛で自分なりにたくさんの愛情を注いでいますか?誰しも愛する恋人のためなら自分の持っている愛情を惜しみなく注ぐと思います。

自分が良かれと思って注いできたその愛情に見返りを求めていませんか?自分が彼に喜んでもらおうとしたことに対して、私がここまでしたんだからあなたもしてくれるよね?なんて勝手に期待していませんか?

愛情は自分が勝手に注ぐものであり、見返りを求めてはいけません。確かに相手のためにここまでやったんだから私も同じように、またはそれ以上に愛されたいと思うのは自然のことかもしれませんが、極端に言ってしまえばその考えは自分勝手に過ぎません。

愛情の見返りを求めてもその愛が破綻してしまうだけ。では一体どうして破綻してしまうのでしょうか。

最強の痴女責め体験しません?
アダルトVRが神すぎる!1本で1週間は抜ける史上最強のエロ動画登場!
気持ちよさと衝撃は当サイトが保障します!
今すぐFANZAで最強のオナニーを体験しよう!
楽天がエロに本気!
楽天TVでアダルト動画が見放題!31日間無料トライアル中!
まだ広告うざすぎるサイト使ってるの?
高画質でロングなエロ動画見放題はこれ!
15,000本以上が見放題!
エロサイトの広告ラッシュウザすぎません?超高画質&広告なしのアダルト動画見放題が登場!
知らないの…?もったいなすぎる!!
まだ悪質広告サイトを使いますか?

見返りを求めるのは恩着せがましい

よく恋人のために自分の精一杯を尽くしてきた人が「こんなにしてあげたのに」という言葉を聞きます。この言葉を聞くたびに思いますが、ちょっと相手に恩着せがましいと思いませんか?もちろん求められたことをその通りに応えていたのであれば、正しい言葉でしょう。

相手に求められていないのにも関わらず自分が勝手に愛情を注ぎ、それの見返りがなかったから言っているのだとしたら?

愛の重さは変わらないとしても愛情の注ぎ方は人それぞれ。愛情表現が苦手な人だったら期待には応えてくれないだろうし、気持ちに愛があるなら愛情表現をしなくてもいいと思う男性も数多くいます。

だからこそ自分が降り注ぐ愛情はあげたものだと考えて、お返しを求めないようにしましょう。

相手の立場になろう


あなたが愛情の見返りを求める前にしなくてはいけないことは、まず相手の立場になること。彼の性格、彼の行動、彼の価値観、全て彼の立場になって考えてください。

彼はあなたの愛情をたくさん求めていたのでしょうか?愛情の見返りしてあげられるような器用な人なのでしょうか?

自分がされて嬉しいことは他人にもするようにと小さい時から学んできたように、相手に尽くすこと悪いことではなく、むしろ良いことだと言えます。ですが「自分がされて嬉しいことは他人にもするように」と言う言葉に「見返りを求めるように」なんて言葉は一言も入っていません。

つまり、見返りを求めなくても愛情を注げる人になることが大事なんです。愛情を注ぐならば見返りを求めるのではなく、自分の判断で勝手に愛情をあげたものだと考えましょう。

愛情の注ぎ方は人それぞれ。まずは相手の立場になって本当に望まれていることなのか、見返りを期待してもいいのかを考えてから行動するようにしましょう。

期待をするのは逆効果


恋愛だけではなくても人に期待をして、その期待に反する行動をされたらあなたはどう思いますか?自分が相手を期待していた分、それ以上に失望を味わうでしょう。

もちろん期待以上のことを成し遂げてくれるならそれ以上の幸せはありませんが、みんながみんな期待に応えてくれるわけではありません。

特に恋愛において女性は男性に期待をしてしまいがちですが、応えてくれる男性って少ないですよね。自分が勝手に期待をしているのに、期待に応えてくれない彼に「もう期待しない!」と怒ったり、不機嫌になったり。これって自分にも彼にもデメリットしか生まれないんです。

勝手に期待して怒る自分と、勝手に期待されて失望される彼。大好きだからこそ期待してしまう気持ちはわかりますが期待をすればするほど失望も大きくなっていきます。

期待をするから「私はここまでしてあげたのに」という感情になってしまうんです。期待をすることは逆効果であり、全てあなたの自分勝手だということを頭に入れて行動すると良いでしょう。

見返りを求めるのは自分を悪くさせる


彼に愛情を注ぎ見返りを求める事は、愛が破綻してしまうだけではなく自分の心も破綻してしまうこともあります。「ここまでしてあげたのに」「お返しがないなんてどうなの?」これらの感情は全て自分の悪いところが出てしまっていますよね。

このような悪い感情が根付いてしまったら「あいつは自分勝手だ」というイメージを持たれてしまうのです。

マイナスイメージにさせる

私の知り合いに遠距離恋愛をしていた一人の女性がいました。当然遠距離のため2,3ヶ月に1回のペースで会いに行っていたそう。彼をとても大事にしていたことは傍から見てもわかりましたが、結局以前から続いていた彼の浮気に耐え切れず別れてしまいました。

その翌日彼と別れたことを知らされ「浮気をしていたんだから別れられてよかったじゃない」と励ましていました。

最初こそ「そうだよね、私も馬鹿だったなぁ」と反省をしていましたが、段々と彼の怒りがこみ上げてきたのか最終的には「私がどれだけ尽くしてきたと思っているんだ」「どれだけ我慢してきたと思っているんだ」と怒りに震えていました。

彼女が傷ついたことは変わりありませんが、あまりにも上から目線の発言に引いてしまい、彼女の印象も悪くさせました。

愛が破綻するのは時間の問題


愛情の見返りがなかった時にまず思うことは「私ばかり」という気持ち。そこからどうせ彼はそこまで私のことを考えてはくれないんでしょう、私が喜ぶことは考えてくれないんだとひねくれてしまうのです。

そこで他のカップルが幸せそうな写真をSNSに上げているもんなら「どうして私はこんなに愛されていないんだろう…この人たちが羨ましい」と嫉妬心も湧いてしまう。

どんどん自分の性格が歪み始めてしまうのです。愛情は見返りを求めるのではなく、プレゼントをするものだと考えましょう。見返りを求めたり、期待をするから本来考えなくてもいいようなマイナスなことを考えてしまうのです。

自分の本来の明るさや、性格の良さを忘れてはいけません。性格がひねくれてしまったら愛が破綻するのも時間の問題。

気づかないうちに彼から沢山の愛を貰っている

Q.女性に質問です。大好きな人への手助けを考えるときに見返りは全く考えませんか?

はい 39.3%
いいえ 60.7%

引用元:マイナビ

社会人の女性の中で見返りを求めない人は4割程度。半分以上の女性は見返りを求めているのです。

では、自分が彼のためにする行動に見返りを求めている女性は彼に何をしてほしいと思っていますか?例えば彼のためにサプライズで料理を振舞ったのならサプライズでプレゼントが欲しい?彼のためにいろいろ尽くしているのだから自分はそれ以上に愛されている実感が欲しい?

だけど、彼はあなたと同じような愛情の注ぎ方をしなくても様々な場面で愛情を注いでいるはず。「ありがとう」「ごめんね」の一言でも立派な愛情表現。

手を繋ぐにしろ、ハグをしてくれるにしろ、好きな人だからこそ取る行動は全て愛情表現なんです。それでも足りないと感じているのはただの「イメージ違い」です。

あなたが期待をしている分、彼からの細かい愛情表現に気づかずに勝手に彼に失望しているのです。あなたが気づかないうちに彼は自分の精一杯の愛情表現をしているのですよ。

もう一度意識して彼の言動を見てください。毎日たくさんの愛情をあなたは彼にもらっているはず。むしろ彼からの愛情表現のお返しをあなたがしているという考えもできるのです。

見返りを求めるのではなくプレゼントする

愛情を注ぐたびに見返りを求めてしまう、だから愛が破綻してしまうのです。見返りがないからとあなたのことが嫌いなわけでも、あなたのことを考えていないわけでもありません。

ちゃんとかけられた愛情の重さは重々受け止めてくれています。愛情を注ぐたびに彼だってあなたへの愛が溢れているでしょう。

その彼の気持ちが嬉しくありませんか?十分それだけで愛情の見返りは貰っています。わかりやすい、大きな見返りを求めるのではなく、彼にプレゼントする気持ちを持っていれば見返りを求めることはないでしょう。

愛情を注ぐということは彼のことが大好きな証。日頃の感謝をプレゼントする気持ちでいればあなた達の愛は破綻することなく幸せに過ごせるでしょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2019 AllRights Reserved.