JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

全部やりたい!パートナーとの愛情を深めるキスの種類とやり方17選

キスはパートナーとの愛情を確かめ合うのにとても効果的なものです。人は愛する人とキスをすることで、安心を得てやさしい気持ちになれたりより深い愛情を感じたりします。そんなキスですが、実はキスには想像以上にたくさんの種類がありそれぞれ違った特徴や魅力があることをご存知でしょうか?

その種類や違いを知ることができれば、パートナーとのキスにバリエーションを持たせることができさらにキスは奥が深いものだと感じられるようになります。

VRで彼女を作りませんか?
VRなら国民的アイドルまで彼女に出来る!本物アイドルとセックスしたくない?
今だ経験したことがない!という人はオナニー人生を無駄に過ごしています
無料サンプル動画も充実で、お試しだけでも価値があります! 人生で味わったことのない最高のオナニーができます。

キスには想像以上にたくさんの種類がある

みなさんはどれくらいの種類のキスを知っていて、そのうち何種類くらいを試したことがありますか?いろいろな種類のキスをすることで、パートナーとの愛情はさらに深まります。

そこで今回はパートナーとの愛情を深めるキスの種類とやり方をまとめてみました。ぜひ、いろいろな種類のキスを知ってパートナーと試すことでキスの奥深さを実感してみてください。

ライトキス

たくさんの種類がある中で最も軽いキスがこのライトキスです。ライトキスは相手の頬や唇などに自分の唇が軽く触れるあいさつ程度のキスです。

ライトキスは海外では家族や友人の頬に軽くキスをするときによく使われているものなのですが、日本の日常ではなかなか見られません。日本ではライトキスのことをフレンチキスと間違って使っている方も多いのですが、ライトキスが軽く触れるキスなのに対してフレンチキスは相手の唇の中に舌を入るディープキスのことなので間違えて使ってしまわないように注意しましょう。

スメルキス

スメルキスはお互いに見つめ合いながら、鼻と鼻をすりすりとこすり合わせて行うキスです。鼻は臭いを嗅ぐ部分なので、そんな鼻同士でキスをすることからスメルキスと名付けられたそうです。

スメルキスをする場合は、相手に自分の鼻を超至近距離で見られるため、テカりや毛穴汚れがあった場合とても恥ずかしい思いをしてしまいかねません。事前に鼻のケアをしておくことをおススメします。

スウィングキス

スウィングキスをするときは、まず相手の下唇をぱくっと軽く噛みます。その状態で首をやさしく左右に振ればスウィングキスになります。

相手の唇を傷つけてしまわないようにやさしく動かすことがポイントになります。

バードキス

軽いキスを何度も相手の唇に「ちゅっちゅっちゅっ」と行うのがバードキスの特徴です。キツツキが木をつつくように軽快なリズムで相手の唇にキスしてあげましょう。

なかなか普通のテンションではこんなキスできないという方は、嬉しくてテンションが高めのときに行うことをおススメします。

スライドキス

スライドキスは少しだけ唇を開いた状態で、唇を上下に動かして相手の上唇と下唇をいったりきたりしてその感覚を楽しむキスです。どちらか片方が動けばもう片方は動かなくても相手と同じような感覚を味わうことができます。

相手の唇のぷるぷるとした感覚を楽しめるので、普通のキスとはまた違った魅力があります。

バインドキス

バインドキスは相手の下唇を噛むように挟んで、相手にはあなたの上唇を噛むように挟んでもらって行います。その状態でお互いの唇を軽く噛んだり舐め合ったりして楽しみましょう。

バインドキスをするときの注意点としては、絶対に相手の唇を傷つけてしまわないようにやさしく行うということがあげられます。相手に怪我をさせてしまってはキスどころではなくなってしまうので、くれぐれも気を付けて行いましょう。

ニプルキス

ニプルキスは相手の唇を自分の舌先でなぞるキスです。上唇の端から下唇の端までゆっくり丁寧になぞってあげましょう。舌同士でするキスとはまた違った気持ちよさが得られます。

ピクニックキス

お互いに唇を開き舌を出した状態になり、舌先を「ちょんっちょんっ」と上下左右に触れ合わせてみましょう。それがピクニックキスになります。

舌をとがらせようとすると舌に力が入ってしまうので、無駄な力を抜いてお互いのやわらかい舌の感覚を楽しむようにしましょう。

チョコキス・キャンディキス

口の中にチョコやキャンディなどのお菓子を入れ、それを渡し合うように楽しむキスをチョコキスやキャンディキスと言います。

相手の口から渡される甘いお菓子を味わいながら同時に相手のキスも味わえるという欲張りなキスです。

プレッシャーキス

お互い唇を閉じた状態で唇を重ねるキスがこのプレッシャーキスです。ファーストキスはこのプレッシャーキスだったという方も多いのではないでしょうか。

ムードを大切にして、ゆっくりとした動きで相手の唇の柔らかさを感じながら行うとお互いにテンションが高まるのでその後の行為にもつなげやすくおススメです。

インサートキス

インサートキスは相手の口の中に舌を入れるキスなのですが、あくまで軽く行います。軽く舌を入れては出す、入れては出すを少しだけ早めのテンポで繰り返しましょう。

相手と舌を絡ませることはせず、相手の口の中に自分の舌を差し込んだらすぐに出すというイメージです。

オブラートキス

オブラートキスは先ほどのインサートキスよりも少し過激なキスというイメージです。インサートキスは舌を入れたらすぐに抜いていましたが、オブラートキスは舌を入れたら相手に自分の舌を包み込むようにして吸ってもらいます。

今度は逆に相手が自分の口に舌を入れてきたときにあなたが相手の舌を包み込むようにして吸ってあげましょう。このようなキスを交互に行えばオブラートキスになります。

サーチングキス

相手の歯茎を舌で愛撫するように行うキスがサーチングキスです。相手の上の歯茎、下の歯茎を、歯を磨く感覚でなぞってあげましょう。

自分の舌を使って相手の歯を磨いてあげるような感覚で行うとうまくできます。

カクテルキス

お互いに唇を開きながら舌を絡めるキスのことをカクテルキスといいます。舌を絡ませ合ったり、相手の舌を噛んだり吸ったりして自分のやりたいように相手の舌を思う存分楽しみましょう。お互いの唇は離したままでするのがポイントです。

クロスキス

カクテルキスと似ていますがクロスキスは唇を離しません。それいがいはカクテルキス同様相手の口の中に自分の舌を入れて吸ったり噛んだり好きなように楽しみます。

ほとんど唇を密着させた状態で相手の舌を求めるクロスキスはキスの中でも特に激しい部類に入るので、お互いにとても興奮するでしょう。

ジャンピングキス

ジャンピングキスは少々変わったキスです。音楽などに合わせてお互いに軽く跳ねながらキスをするのですが、初めての方にはかなり難しいキスでもあります。

顔面への頭突きや歯との接触で怪我をしてしまうおそれもあるので変わったキスを試してみたいという人だけ試してみてください。

リズムキス

リズムキスは相手に覆いかぶさってリズムよく行うキスです。その体勢から前戯としても使えるキスなのでエッチの前に使ってみると良いでしょう。

パートナーといろいろなキスを試してみましょう

キスとひとことで言っても唇と舌でこんなにもいろいろな楽しみ方ができるのです。唇を軽く触れ合わせるライトなものから舌を激しく絡めるハードなものまで、できることはたくさんあるので、今回の記事を参考にさまざまな種類のキスをパートナーと一緒に楽しんでみてください。

パートナーと一緒にいろいろなキスを楽しんで、自分たちが一番盛り上がるキスを探してみることはきっと楽しいはずです。

-キス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.