JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性ドン引き?女子がつい送ってしまう面倒くさいLINEの特徴

好きな相手にはついついたくさん送りたくなってしまうLINE。普段忙しくてなかなか会えなかったりする相手だと、余計にLINEのコミュニケーションが重要に思えますよね。

しかし、男性の中には「LINEが苦手」「マメに返すことができない」という方もいます。初めは相手に合わせて返していても、次第に本当に鬱陶しくなり、連絡が滅多に取れなくなってしまうこともあります。そんなことになるくらいだったら、量は少なくても継続してやり取りをしていたいですよね。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

男性に面倒くさいと感じさせないために

今回は、男性が「面倒くさい」と感じてしまう女子特有のLINEの特徴と、男性にそう感じさせないためのテクニックをご紹介します。

返信をしなかったときの追撃LINE

何かに没頭していたり時間がなかったりすると重要なLINEでない限りなかなか返せないもの。特に仕事などで忙しかったりするとつい既読スルーもしちゃいますよね。

人にはそれぞれLINEを返すタイミングというものがあります。それなのにも関わらず、少し返信が来ないくらいで「どうしたのー?」「なにかあった?」などと追撃LINEを送って来る女性。実はそれを鬱陶しいと感じている男性もいるのです。

追撃LINEが来てしまうと、男性側も「早く返信しなくちゃ」とプレッシャーを感じてしまい、あなたとのLINEを純粋に楽しむことができなくなってしまいます。

緊急の用事で早く返事が欲しいという理由で「早めに返信お願いします」という追加メッセージを送るのならともかく、毎回毎回追撃LINEを送っているようだと「面倒くさい女」と思われてしまっても仕方がありません。

返信が来ないということは、返って来ないなりの理由があるということ。時間が空いて少し不安になったとしても、追撃LINEを送りたくなる気持ちを堪えて返信を待ちましょう。

相手に関係のないことついてのLINE

共通の友人の話ならともかく、自分しか知らない人の話を延々とする女性。相手の男性はちっとも楽しんでいないかも知れません。自分は面白いと思ってしている話でも、その背景が分からないとなかなか楽しめないもの。「職場の〇〇さんがこの間してた話で~」などと言われも知らない人はまず、その「〇〇さん」が分からないので、その話を面白いと思うことはあまりないでしょう。

どうしてもその話をしたいようなら、LINEではなく直接その話をするのがおすすめです。直接話す場合にはその場の雰囲気も伝わりやすく、「〇〇さんってどんな人?」という質問もしやすく、さらに話が広がる可能性もあります。

同様に、自分が昨夜見た夢の話などを長々文章にするもいますが、それもあまりおすすめできません。夢を楽しむことのできるのは自分だけです。知らない人の話、夢の話などは生産性もない上、相手に全く関係がない話なので、避けた方がいいでしょう。

日記のようなLINE

「今日こんなことがあって楽しかった!」「今日は〇〇ちゃんと××に行ったよ~」というような頼まれてもいない報告LINE。送る側としては、自分のことを知ってもらいたいという気持ちがあるのかも知れませんが、それを受け取る側の気持ちを考えたことはありますか?

実は「俺のLINEは日記じゃないし…」と思っているかも知れません。一方的に自分の1日を送り付けるのではなく、「今日××に行ったけど、あなたは行ったことある?」というような、相手が返信をしやすいLINEにしましょう。あくまで一方的なLINEでなく、コミュニケーションを意識するようにしてください。

もちろん、相手から「今日なにがあったの?」と聞かれた場合や、1日のスケジュールを互いに報告するのが習慣になっている場合などはそういった遠慮はいらないでしょう。

疑問文だらけのLINE

「今日何してる?お昼は何食べた?そういえば来週出掛ける約束だけどどこがいい? ディナーも食べて帰る?」という疑問だらけのLINEをつい送ってしまう女性もいます。

疑問文LINEは相手から返信が戻って来やすくなる、というのはメール・LINEテクニックの王道ですが、一度のLINEにいくつも疑問を詰め込んでしまうと、さすがに相手も鬱陶しく感じてしまいます。特にLINEは短文だからこそここまで広がって来たチャットツール。疑問文は一度につき多くても二つくらいのほうが男性も返しやすくなります。

もしもLINEが途中で途切れてしまっても、本当に聞かなければならないようなこと、例えば「来週はどこで待ち合わせする?」などのLINEは追撃してみても不自然ではありません。LINEを返してほしいからたくさん疑問文を詰め込むのではなく、小出しにすることで次回LINEをする口実にもなりますよ。

悩みばかり、大変アピールのLINE

「実は職場でこんなことがあって…」「友だちと喧嘩しちゃって…」などのいわゆる病みLINE。本当に相談したいとき、本当に打開策を見つけたいときの相談LINEは別ですが、状況を変える努力もせず、「でも、だって」を繰り返し、毎日愚痴LINEばかり送っていると、相手に呆れられてしまいます。

また、頻繁に送られる、「今日こんなことがあって大変だった!最近本当忙しい!」という忙しいアピールのLINE。送られた側はリアクションにも困りますし、「大変ならわざわざLINEしてこなくていいのに」と思ってしまいます。注意してください。

中身のないLINE

「ねえねえ」などから始まる雑談LINEや、「寝れない~」など甘えたLINE。さらに、スタンプだけだったり、挨拶だけだったり。返信がしにくいLINEには受け取り側も困ってしまいます。

また、「なにしてる~?」という疑問文は一見返信しやすいようですが、特に何もしていない場合やすぐには返せない場合などは、「そんなことを把握して何になるのだろう?」と思ってしまいますよね。送った側はLINEのやり取りをしたい口実のつもりでも、送られた方は意図が分からず、困ってしまいます。

本当に用事のあるときだけしかLINEを送ってはいけないというわけではありませんが、雑談LINEをしたい場合はせめて相手が返しやすくなるような話題、きちんと中身のあるLINEを選んで送るようにしましょう。必要なやり取りを終えたあと、そこから雑談に発展させることができるかも知れません。

レスが早すぎるLINE

送ったLINEが毎回1分以内に返信が来る。緊急のやりとりではなく雑談なのに即レス、という場合、相手が引いてしまうこともあるので注意してください。たまたまスマホを見ていて早く返信できた、という場合や、急ぎのやり取りの場合は別ですが、即レスが毎回になると相手も、「どうせすぐ返ってくるから自分は少し時間を空けよう」と油断し、そのまま忘れてしまうことも。

相手からのレスが5分だったら自分も5分。20分だったら自分も20分、と相手のペースに合わせてレスをすると、相手も「自分とペースが同じ人なんだな」と思い、やり取りも長く続くことがあります。

相手のことをきちんと考えて送りましょう

自分のことを知ってもらいたい、構ってもらいたいという気持ちはついつい相手に大量のLINEを送ってしまいがちですが、本当にその人のことを想うのなら、相手のことをきちんと考えるようにしましょう。時間帯、話題の内容、LINEを受け取った側の負担、そういったことを考慮すると、おのずとやり取りが続くLINEができるようになるでしょう。

短文で即レスができるLINEは今やメール代わりのコミュニケーションとして広く使われていますが、自分がやり取りをしたいからと言って相手に強要させてはいけません。相手のことも考えた上で継続したLINEのやり取りができるように努力してください。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.