JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

これぞ永遠のテーマ!「男女間の友情は存在するか否か!?」

人に尋ねてみると、意見が真っ二つに分かれるテーマ。それが…「男女間に友情は存在するか否か!?」この答えは未だになく、男女において永遠の悩めるテーマではないでしょうか?

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

双方の意見をまとめてみました

今回は「男女間の友情は存在するか否か!?」という疑問についてさまざまな意見をまとめてみました。存在するという派と、存在しないという派の、お互いの意見を覗いてみましょう。

存在する派

それではまずは「男女の友情は存在する派」という方々の意見です。

幼馴染なので異性として見れない

最初からお互いを異性として意識することなく出会い、相手の良いところも悪いところも全て知っていると、そこから男女の関係に発展するのは難しいという意見。

しかし、友達から恋人になったという話もよく耳にします。それって矛盾していない?と思いますが、恋人に昇格するパターンの場合は、最初からどちらかに恋心があった時です。相手の恋愛相談を親身になって聞くフリをしながら、実は虎視眈々とタイミングを見計らっているパターンですね。

それとは違い、友情が成立するのは、最初から友達感覚で出会い相手が全くタイプではないというのが前提です。お風呂上がりの姿を見てもなんとも思わない、相手に恋人ができても何も感じない、良い雰囲気になっても、まるで近親相姦のような気分になって手を出す気になれない…そんな気持ちになるのであれば、純粋な友人と呼べるのではないでしょうか。

親友の彼(彼女)だから手を出せない

これは、例え相手に恋愛感情があったとしても押し殺しているパターンです。片方が、もしくは双方が恋愛感情を持っていたとしても、相手のパートナーは自分の親友。そこはやっぱり人として手を出せない!

しかし、「もしかしたら」何かあるかもしれない…。「いつか」あの人と別れたら…。そんな風に、少なからず期待は抱いているはず。だから、今は友達としてそばにいたいということですね。親友と好きな異性を天秤にかけてみた時、もし理性で抑えられるのであれば「親友」を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

  • 親友との関係が終わってしまうのは嫌だ。
  • そのリスクを背負うくらい好きではない。
  • 向こうからモーションをかけてくれたらいいのに。

こういったことを考えているうちは、恋愛とは呼べません。よって、友情関係を築いていると言えます。下心があるのなら、純粋な友情とは言えないのでは!?と思うでしょうが、理性が効いているうちは、友情だと判定しましょう。本当の恋愛に陥ってしまうと、理性では抑えられないものですから。

人として好きだけど、異性として魅力を感じない

どうしても生理的に受け付けない。誰にでも、そんな人はいるもの。そう感じてしまうと、男女など関係なく、人としての付き合いも薄くなってしまいますよね。

しかし、人としては大好きだし尊敬もしているけれど、異性としては魅力を感じないという人はいませんか?そんな相手となら純粋な友情が成立するでしょう。

友達とは大勢で遊んでも二人で遊んでも楽しいもの。特に相手を意識していないのであれば、たまたま姿形が異性だというだけで、同性の友達と遊んでいるのと同じ感覚です。一緒にいると楽しい。けれど男女の関係にはなれない。そう思って会っているいる男女は以外と多いはず。

しかし、双方が同じ気持ちではなく、片方に恋愛感情があれば少々問題が。これだけ会っているし、一緒にいると楽しいし、相手も全然嫌がっていない。だからこれは、もうOKだということだろうと勘違いしてしまうことも…!少しでも相手にそのような雰囲気を感じた時は、少し距離を置くか率直に話すのがおすすめです。

存在しない派

 次に「男女の友情は存在しない派」の方々の意見です。

お酒が入ると理性が効かなくなる

昼間会っても特に何も問題ない。みんなでワイワイ飲んでいても特に問題なし。「だから異性でも友情は成立する」という人に問いたい!!

では、二人っきりでお酒を飲んでも平気ですか?もしも自分が弱っている時に一緒にいても平気ですか?…そう、人はお酒を飲んだ時と弱気な時は人恋しくなってしまうものです。

そんな時に、例え友達だとしても異性がそばにいると、ついつい体をあずけてしまいそうになるもの。本当に嫌であれば、どれだけ酔っても理性が効くかもしれませんし、酔う前に解散しようとするかもしれません。

しかし、心のどこかで「もうどうにでもなれ〜!」という気持ちがあれば、それはもう友情関係が成立しているとは言えません。もしも男女の関係になってしまってもいいやと、相手に異性を感じていますし、少し心を許している証拠なのです。

そもそも好意がないと会わない

相手が友達であろうと会社の同僚であろうと、わざわざ嫌いな人のために時間を割いて会おうとは思いません。飲み会など大勢で会うのは別物ですが、例えば二人で約束して会うとなると、少しでも相手に好意がないと無理ですよね。

そして、会う前には無意識にいつもより張り切ってメイクしたり、万が一の場面を想定して勝負下着を履いたり、シャワーを浴びて出かけたりしていませんか?もうその時点で相手を異性として意識しているのです。

例えば本当に意識していない友達なら、すっぴんでも会えますし、髭面のボサボサ頭でも会えますし、スウェット姿でも「ま、いっか」と思えるはず。しかし、少しでも意識していると、自分をより良く見せようとするのが性。二人で会う、一緒に食事をする、一緒にお酒を飲む、会う前に少しドキドキする。そんな状況であれば、その異性との関係はもはや友情を超えていると言えます!

特に男性の場合、好きでもない異性の為に食事代を払いたくないという人が多いようです。男性が女性を食事に誘う場合は(仕事関連や大勢での食事会を除く)、かなりの確率で下心を抱いています。時間を割いたうえに食事代も払うということは、その異性を口説き落としたいと思っているということです。

もしも毎回きっちり割り勘という関係であれば「友情」と呼べるかもしれませんが、毎回男性が支払う、毎回男性が誘ってくるということであれば、そこには、どうにかしたいという下心が隠されているかもしれませんよ。女性は相手を友達だと思っていても、そう思われていない可能性があるので要注意です。

異性には常に下心を抱いている

これは相手が誰であれ「隙あらば男女の関係になる」という思考を持っている人のこと。男女の間には友情はなく「下心」を持っているのが当たり前だという価値観です。もしかすると、男女は根本的にこの思考を持っているものかもしれません。

人類には男と女という2種類しかなく(中間もありますが、生物的には2種類ということで)、何をするにせよ異性の目を気にしながら生きていると言っても過言ではありません。男女が交わることにより子孫繁栄しますし、異性を気にしなくなったら、男女が存在する意味がなくなってしまいますよね。

男性が筋肉質で力強いのも、女性が柔らかくて丸みを帯びているのも、男性には突起物があって女性には穴があるのも、それはお互いのため。男性は女性が必要で、女性には男性が必要なのです。

ということで、常に異性をセクシャルな目で見ているのは自然なこと!こういった動物的な本能を持っている人は、男女間の友情は成立しにくい傾向にあるかもしれませんね。

場合によっては元カノ・元カレとは良い友人関係を築けるかも

どちらかが下心、恋心を抱いていれば、男女間の純粋な友情は成立しない!よって、一度男女の関係を経て下心や恋心をクリアした男女のみが、純粋な友情を成立することができる!ということは、元カノ・元カレとは良い友人関係を築けるかもしれませんよ!?

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.