JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

何故そこまで必死なの?SNSに命を懸ける痛い女たち


女性が大好きなソーシャルネットサービス。TwitterやInstagram、Facebookに夢中になっている女性は大勢います。昔はただその時の思い出を残すために写真を撮っていました。

しかし今では「SNS映え」という言葉もあり、SNSに映えるような写真を撮ることに女性は命を懸けていると言っても過言ではありません。現にSNS映えをするためならお金を惜しまず、どこにでも出かけてしまうことから、SNS映えを狙っている女性をターゲットにしたお店も数多く出店していて、ビジネスにも大きな影響を与えています。

そんなSNSは女性にとって当たり前。なくてはならないものになりましたが、男性にとってはまだまだ当たり前ではないようです。

むしろ、女性の写真に対する執着にドン引きをしている男性がほとんどなのです。どんなに気になっている女性でもSNSに必死になっていれば縁がなくなってしまうことも。SNSに夢中になっているあなたはこの記事を参考に、ドン引きされないSNSを発信していきましょう。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

男性がドン引きするSNS投稿


女性はSNSに精を出し、日々SNS映えする写真を撮ることに必死になっています。お金をかけて写真を撮り、時間をかけて加工して初めて渾身の一枚が出来上がり、SNSに投稿していく。これが普通ですが、男性には理解できない模様。では、一体男性はどのような投稿にドン引きするのでしょうか?自分のSNSを思い出しながら見てみましょう。

料理

料理をSNSに投稿する女性は数多くいます。今では美味しそうに見える料理やカラフルで可愛いデザートが増えました。まさにSNS映えする料理ですが、男性には理解ができないようです。男性の多くは料理が出てきたら冷めないうちにすぐに食べるので自ら料理をおいしくなくさせる行動にドン引きしてしまうようです。

何より男性はSNS映えする料理を「可愛い」「美味しそう」だと思わないため何のために撮っているのか不思議なのでしょう。そしてよくある話ですが、彼と一緒に食事をしている時に彼の料理まで写真をカシャカシャ撮るのはもっとNGですよ。最悪の場合常識や育ちを疑われてしまうこともあるのです。

自撮り

男性よりも圧倒的に自撮りをする女性ですが、自撮りを載せること自体「誰もお前の顔なんて見たくねーよ!」と嫌われてしまう対象になりますが、もっと嫌われてしまう対象は何度も何度も同じ角度で同じ表情を載せ続けるSNS投稿です。

女性ならわかることだと思いますが、女性は自分が最も可愛く撮れる角度と表情を知っています。そのため自撮りは髪型と服だけを変えたいつもと同じような写真になってしまいがちですが、どんなに表情が同じだとしても可愛く撮れた写真はSNSにアップして誰かに見てもらいたいものです。

しかし、その気持ちが男性には理解できないんですね。芸能人なら許せることでも、一般人の自撮りは不愉快になってしまう男性が多いようです。更に自撮りと実物に大きな差があればもっと男性をドン引きさせてしまうので加工のし過ぎには十分気をつけるようにしてください。

生活感

誰でも自分の生活が華やかだと感じて欲しいと思います。実際に他人よりも華やかな生活を送っていることは優越感に浸れますから、そのような女性は多いと思います。なので、休みの日にはどこかに出掛けたり、旅行をしたり。月に何度かは高い食事をすることやみんなから羨ましがられる場所に行くこともありますよね。

そこで撮った写真をSNSに投稿し、みんなからいいね!を貰う。これこそ女性が求めていることだと思いますが、男性はそのような女性に「金遣いが荒そう」「貯金ができていなさそう」とドン引きしてしまうわけです。

どんな男性でもSNSのためにお金をかけまくる女性にあまり良い印象は抱かないのです。そして、何よりもリア充アピールをすればするほど必死だと思われてしまうので、リア充だということはアピールし過ぎると逆効果になってしまうということですね。

浪費癖

可愛い服に靴。高そうなバッグにアクセサリー。これは同じ女性だからこそわかる羨ましく、素敵なものです。それを自慢したくなってしまう気持ちも同じ女性だからこそわかること。

しかし、それをわざわざ自慢しないのが男性です。むしろ、毎週のように高い物を買っている女性の姿に「どんだけお金使うんだ」「無駄遣いのしすぎだろ!」とドン引きしてしまいます。上にも書いた通り、男性はお金のことについてはシビアで、きちんと考えている人が多いため、浪費癖があるだとうと読み取れるSNSの投稿には共感ができないようですね。

かまってちゃん

「こんなに熱あったなんて…」「今日からまた薬飲まなきゃ…」と病院の天井や手のひらに乗せた薬の写真など、よく見かける投稿ではないですか?これは私も理解ができますが、ようは「大丈夫?」と心配してほしいかまってちゃんなんですよね。

これだけではなくても「辛い…寂しいよ」「はあ、メンタルやられる」など思わず「何があったの?」と聞いてしまいたくなるような投稿ですが、ほとんどは大したことがないんですよね。このようなかまってちゃんの投稿はもちろんドン引き不可避です。

更に「辛い」と言っておきながら関係のない自撮りまで載せていれば更にドン引きされてしまうことは避けられません。本当に辛い時ならばSNSを上げる余裕もないことは誰でもわかるはずです。

ポエム

「私とあなたは同じ空を見ているんだね」「手を伸ばしたらあなたに届きそうで…」思わず「何言っているんだ」と突っ込んでしまいたくなるようなSNS投稿ですが、正直痛いですよね。

このようにポエムを投稿する女性のことを巷では「ポエマー」と呼んでいます。ポエマーによるポエムの投稿には高確率で空など、背景の写真を使うことが多いです。

そしてポエムを投稿すると精神が病んでいると思われてしまいがち。もちろん誰の胸にも響きません。むしろポエムは話のネタにされてしまうことも多いので、そのようなことがないようにもポエムのような遠い空を眺めている投稿は控えておいた方が良さそうですね。

モテアピール

まず、本当にモテる女性、モテることに慣れている女性はモテることがどれほど面倒くさいのか、それほどまでに需要がないのかを理解しているので、わざわざモテるアピールをしません。

しかし、モテることに溺れている女性はSNSに男性との写真を上げたり、「この男本当にしつこいんだよね」とモテることを匂わせる発言をしたりします。その投稿こそが男性に「軽そう」と思われるのです。

男性に「すぐセックスしてくれそう」と思わせたいのなら話は別ですが、軽そう=そこまでの価値の女性です。もちろん、そのような女性の姿に良い男が好意を抱くはずもなく、ドン引きされてしまう対象になるのです。

全ては自己満足


自撮りを上げるのも、リア充をアピールするのも男性は「誰もこんなの見たくないだろう」と思います。しかし、女性からしてみれば「じゃあ見なければいいじゃん」「所詮自己満足だし」ですよね。

なので、男性の目を気にするなら自己満足を辞めなければいけないけど、そうではないなら自分が満足するまで思いきりやればいいと思います。SNSの投稿は趣味の域に入っていると思うので、それを誰かが止める権利はありません。

写真を上げないことに越したことはない

今回は男性がドン引きするSNSに必死な痛い女を紹介しました。女性が大好きなSNSですが、今回紹介したドン引くSNSの投稿を見てみると男性には理解ができないことばかりでしたね。

男性は自分を主張しない女性が好きな生き物なので、写真を上げないことに越したことはありません。なので、男性の目を気にするようであればこの記事を参考にこれからはSNS投稿に気をつけてください。SNSの投稿一つで嫌われてしまう可能性もあるからです。しかし、自己満足だと思っている女性は今まで通り投稿を続けてSNSライフを楽しみましょう。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.