JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

やらなければよかった! セックスで男女が後悔したこと

カップルのコミュニケーションのひとつでもあるセックス。ふたりの仲をより親密にさせることのできる行為であると同時に、単純に快楽を得ることのできる行為でもあります。そのため、いくら性格が合おうとも、性の不一致やセックスの何かしらで別れるカップルがいるのも事実。

特に日本ではセックスのあれこれは海外に比べてオープンになっているとは言い難く、つき合ってからセックスしてみてはじめて相手の性癖を知るということも珍しくありません。そういった現状から、「あんなことしなければよかった」「あんなことをして後悔している」という経験は誰にでもひとつくらいはあるもの。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

セックスで失敗を繰り返さないために

今回は、そんな失敗を繰り返さないために、多くの人が経験しているセックスで後悔したことを男女別にご紹介します。 ぜひ、参考にしてみてください。

AVを参考にしてしまった「男性目線」

男性にとっては生活の必需品とも言えるアダルトビデオ。セックスの経験が少ない人や経験が全くないという人がしばしば陥りがちなのが、AVを参考にしてしまうセックスです。AVは男性の内なる欲求を視覚化したもので、現実のセックスとは似て非なるところがあります。

例えば、ほとんどの女性はAV女優のように連続で絶頂に達することはありませんし、激しく指を出入りさせてしまうと気持ちよさよりも痛みの方がはるかに勝ります。AVはいわば男性の幻想のようなもので、画面の中のようなセックスをしたとしても、女性は気持ちよくはなれません。実際にAVを参考にしてセックスしてしまい、彼女に嫌われてしまったという方も少なくないのです。

「AVのようなセックスばかりしていたら彼女にセックスを拒否されてしまった!」という事態にならないためにも、AVと実際のセックスはまったく異なるということを頭に置いて、きちんと彼女自身の身体と向き合いながらセックスしてください。

見栄を張ってしまった「男性目線」

セックスが上手いと見栄を張って、結果的に恥をかいてしまった方というのも一定数います。あまり大口を叩き過ぎ、ターゲットの女の人を落としたいがために、「満足させてあげられる」「絶対いかせることができる」と豪語し、いざベッドインしてみたら独りよがりのプレイばかりで満足どころかその後振られてしまう、なんてことも。

自らテクニックを自慢した手前、セックス中に「こんなものなの?」「この程度?」と女性に指摘されても文句を言うことはできません。

お酒の席での冗談ならともかく、テクニックを自慢して女性を落とそうというのなら事実と反することをしても相手に対し失礼ですし、そもそもセックスをする前にテクニックを自慢気に披露する人に、誠実な女性のほとんどは興味を示しません。テクニックによほどの自信がない限り見栄を張るのは控えるべきです。

つき合う気のない相手としてしまった「男性目線」

もっとも多い失敗のひとつが、つき合う気のない相手とのセックスです。一時の欲望、一時の快楽に流され、知り合ったばかりの女の人を口説き、そのままワンナイトラブなんて経験のある男性も多いはず。お酒の入った状態で女の人を落とし、そのまま一晩過ごすというのはある種ゲーム的であり、男の人が燃えるのも分かりますが、それによるトラブルが多いのも事実です。

美人局や援助交際目的の女性に当たってしまうのはもちろん、「つき合ってくれると思った!」「やり捨てなんて信じられない!」と女性に非難されたりすることも。そして、その女性が同じコミュニティに所属していたりすると周りに言いふらされて自分の株が下がってしまうこともあります。

「ワンナイトラブなんてしなきゃよかった」「好きでもない女の子とセックスしなければよかった」と後悔している男性は案外多いのです。一晩の快楽のためだけに女性をやり捨てするというのはリスクも高すぎる上、自分の評判を落とすことにも繋がります。女性に対しては誠実に振る舞うようにしましょう。

なにをしていいか分からず、なにもしない「女性目線」

男性側が引っ張ってセックスを進めてくれるカップルにありがちですが、セックスをしている間何をしたらいいか分からず、ベッドに横たわったままなすがままになっている女性がいます。

これは、「やらなければよかった」と言うよりも「やればよかった」の話になってしまいますが、ただ受動的になっているだけだと、男性側も「自分とセックスしたくないのかな?」と不安になってしまいます。

「積極的になると性欲が強いと思われそう」「恥ずかしいので男性からのアクションを待ちたい」という気持ちも分かりますが、毎回毎回そんな感じだと男性も嫌になりますし、セックスもワンパターンになってしまい、いつしか新鮮味がなくなってしまってセックスレスになってしまうことも。

そうならないためにも、女性も男性を責めるテクニック、男性が喜ぶポイントなどを勉強し、彼とのセックスを楽しむようにしましょう。セックスはただ男性の欲望を満たすための行為ではありません。彼女がセックスを楽しんでいると分かれば、彼もよりあなたを喜ばせようとしてくれ、よりふたりの仲も深まると思います。

つき合っていない相手とセックスしてしまった「女性目線」

恋人でない相手とのセックスのダメージは男女ともにありますが、女性の方がよりそのダメージは大きくなってくるでしょう。

「口説いて来る男性に流されてセックスしたけど、いざセックスが終わったらその途端に冷たくなって、結局つき合ってくれなかった」「いいかなと思っていた人とお酒の勢いでセックスしたら、そのことを周囲に言いふらされた」という経験をしたことのある女性も案外いるのでは?

セックスを恋人同士のコミュニケーションとは考えず、単なる遊びで簡単にセックスを許す女性もいますが、言いふらされて後悔するような女性はワンナイトラブには向いていません。

また、好きじゃなかったけど身体を重ねたら好きになった、という女性もいます。そういうとき、相手から「お互い遊びでしょ?」と言われてしまったら身も蓋もありません。つき合っていない男性とすぐにセックスしてしまうと、自分が傷つくことも多くなってきます。後悔しないかよく考えた上で行動するようにしましょう。

相手に駄目出しをしてしまった「女性目線」

セックスで恥じらう女性とは正反対に、最中に「そんな触り方はよくない!」「ここを触ってくれればいいのに」とついつい相手に指摘してしまう気の強い女性もいるでしょう。それが何度か続くと男性も「俺ってそんなに下手なのかな?」「強く言われ過ぎてへこむ」とやる気をなくしてしまいます。

男性も次第に手を出しにくくなり、そのままお別れを選んでしまうカップルも。「こうしてほしい」「ああしてほしい」という願望は、恥じらいを持って伝えた方が彼も逆に燃えるポイントになるかもしれません。

相手がセックスにどんなものを求めているかを知ることが大事

セックスで後悔したことを男女別にそれぞれご紹介しました。セックスはみんながしているようで、実はやり方が難しいもの。一歩間違えてしまうと好きな相手から呆れられてしまったり最悪別れを選択されてしまうこともあります。そうならないように、相手がセックスにどんなものを求めているかということを知るのは大事なことになってきます。

異性がどんなことを後悔しているかについて知ることで、より相手への理解が深まることもあります。是非、参考にしてみてください。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.