JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

女性が濡れない原因と対策【セックスを楽しめる体に】

大好きな彼とセックスをしていてもアソコが思ったように濡れてくれないという女性は少なからず存在します。

せっかく彼とセックスを楽しもうとしているのに自分の体が濡れないばかりにセックスがうまくいかず彼にも迷惑をかけてしまうのはとてもつらいですよね。

しかし、どうして自分は濡れないのかどうやったら以前のようにちゃんと濡れるようになるのか考えているだけではなかなか改善しません。濡れないと悩んでいるのならその原因を探りきっちりと改善策を練って試すしかないのです。

そこで今回は、女性が濡れない原因と対策をご紹介したいと思います。濡れないことでつらい思いをしている女性の方はその症状を1日でも早く改善するために是非この記事を参考にしてみてください。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

濡れない原因とは?

女性が濡れない原因には肉体的な原因と精神的な原因があるのです。濡れないとお悩みの方は、まずはどうしてなかなか濡れない女性がいるのかその原因を探ってみましょう。

体質も原因?肉体的な理由

肉体的なことが原因で濡れない場合、下記のような原因があります。自分に当てはまるものがないか見てみましょう。

肉体的疲労

男性は肉体的に疲れていると射精がうまくコントロールできないことがあります。同じように女性も肉体的に疲れているとホルモンの分泌量が通常時と変わってしまいうまく濡れなくなってしまうことがあるのです。

ホルモンバランスの乱れ

肉体的な疲労や精神的な問題、その他体調不良などによってホルモンバランスんい乱れが生じると女性の体は濡れづらくなってしまうことがあるのです。

運動不足による筋力の低下

運動不足で性器周辺の筋肉が衰えたり血行や代謝が低下してしまうと女性の膣は濡れづらくなってしまうことがあります。

普段足腰をあまり使わないという女性は特に運動不足で濡れづらくなってしまっているという可能性も考えられるのでその可能性も頭に入れておきましょう。

その他

上記でまとめた結果以外にも冷え、妊娠・出産、喫煙、水分不足、空腹・睡眠不足などによって膣が濡れづらくなってしまう女性も存在します。

気持ちが入らない!精神的な理由

精神的な理由で濡れづらくなってしまっている場合、なかなかセックスに集中できないことが濡れないことの主な理由になります。

恐怖感・不安感など何かトラウマがある

過去のトラウマなどによってセックスに恐怖感がある場合や何か不安なことがあってセックスに集中できない場合なんかにも濡れづらくなってしまうことがあります。

緊張している

極度の緊張によってセックスどころではなくなってしまいその結果濡れないという女性もいます。

何度もセックスの経験があるにも関わらず緊張してしまう女性もいるので初めてだからという理由でなくても院長で濡れることがあるということを覚えておきましょう。

マンネリを感じている

彼とのセックスにマンネリを感じている女性は「またいつものこれか」とだんだん気持ちが入らなくなってしまうことがありその結果濡れづらくなってしまうのです。

「濡れないと」というプレッシャー

「濡れないと挿入できない」「彼にたくさん濡れている姿を見せたい」そういう気持ちがプレッシャーになって逆に濡れなくなってしまうというパターンもあります。

これは男性が「挿入しなくちゃ」「勃起させなくちゃ」と考えすぎてどうしても勃たなくなってしまうこととよく似ていますよね。精神的なことに原因がある場合、このようなこともあるということをまずは知っておくと改善策を探りやすくなるでしょう。

男性側にも問題はある

前戯がヘタクソなど男性に問題があることが原因で濡れないというパターンも少なからず存在します。その場合、自分が彼のプレイテクニックに満足しているかということを考えてみて原因がどこにあるのかを探ってみましょう。

原因を探った結果、やはり彼のプレイに満足できていないと分かった場合、どういうことをしてもられてば自分は感じることができるかを恥ずかしいかもしれませんが積極的に彼に伝えていくと良いでしょう。

濡れない女性ができる対処法

濡れないとセックスも苦痛になってしまいますが、対処法を知って改善していくことができればきっと今までのようにセックスを楽しむことができるようになるはずです。

自分でできる対処法をまとめてみましたので、濡れないことで悩んでいる女性の方は是非参考にしてみてください。

コンプレックスをなくす

何かセックスに関するコンプレックスがあるという場合、そのコンプレックスをなくすことで濡れるようになる可能性があります。

自分にセックスに関するコンプレックスがないかをよく考えてみてもしあるようであればそのコンプレックスを取り除けるようにできる限りのことをしてみると良いでしょう。

なるべくリラックスする

感じるためにはリラックスすることがとても重要なことなのです。セックスに集中できないようであればまずはセックスする空間を見直してみましょう。

  • 自分が心地よいと思えるような音楽を鳴らす
  • 部屋をいい香りで満たす
  • 部屋の明かりを薄暗くしてみる

など自分がリラックスできそうな空間にできる限り近づけてからその部屋で落ち着いてセックスを始めてみましょう。

自分の落ち着く空間を作り上げることができればリラックスもしやすくなると思うので是非試してみてください。

血流をよくする

股間周辺を温めることによって感度がよくなり濡れやすくなることがあります。体が冷えている場合は入浴などで体を温め股間周辺をマッサージして血流をよくしてみましょう。

そうすることでセックスの感度はあがり濡れやすい体へと近づくのです。

マンネリ対策をする

マンネリを感じているとセックスに集中し辛くなってしまうのでなるべくマンネリを感じないようなプレイを彼と一緒に行うことが重要です。いつも同じようなプレイをしているのなら

  • 攻める部位を変えてもらう
  • 軽いSMプレイをしてみる
  • 大人のおもちゃを使ってみる
  • AVを見ながらエッチしてみる

など毎回少しずつでも変化をつけてみることでマンネリ対策になります。恥ずかしいかもしれませんが、彼に「もっとこういうプレイがしてみたい」「たまにはこういうプレイもいいよね」と積極的に提案してみましょう。

愛する彼女からそんなことを言われれば男性は嬉しくないはずがありません。きっとあなたの提案を受け入れてくれるはずです。少し勇気を出してマンネリ解消のためにいつもと違ったプレイを提案してみましょう。

ローションを使う

根本的な解決法にはなっていないかもしれませんが、濡れない場合はローションを使うという手もあります。

ローションを使うことで自分自身で濡らしているわけではありませんが、痛みがなくなり彼もヌルヌルの気持ちよさを感じることができるためお互いにセックスを楽しむことができるようになります。

実際濡れづらいという理由でローションを使ってセックスをしているカップルもたくさんいるので、別に恥ずべきことではないのです。

また、ローションを使えば全身でローションプレイなんかも彼と楽しめるためプレイの幅が広がるという利点もあります。濡れないことで悩んでいる女性はローションを使ってみるという対処法もあるということを頭に入れておきましょう。

きちんと原因を探ることが大事

女性が濡れない原因には「肉体的な原因」「精神的な原因」など人によってそれぞれ異なる原因があるということがわかったかと思います。

濡れないことでお悩みの女性の方は、自分がどのような原因によって濡れなくなってしまっているのかということをまずは探り、原因がわかったらその解決策を試してみることで濡れるようになる可能性があります。

すぐに濡れるようになる場合と時間がかかる場合がありますが、諦めずに自分に合った改善策を探して濡れる体になることを目標にしましょう。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.