JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男のオナニーには害もあった!快楽の裏に潜むオナニーのデメリット

ほとんどの男性はオナニーを日常的に行っていると思います。ある人は快楽を求めある人はその快楽をストレス発散に使っているという場合もあるでしょう。

そんな男性の生活になくてはならないほど浸透しているオナニーですが、実は快楽を得られるだけではなく体への害もいくつかあるので、オナニーが大好きな男性は覚えておいたほうが良いと思います。

そこで今回は、男性のオナニーが自身の体にもたらす害についてご紹介したいと思います。オナニーのデメリットについてしっかりと覚えておき自分で回数を調整する目安にしてみてください。

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

オナニーによる体への害

それではまずはオナニーによる体への害について説明していきたいと思います。

男性はオナニーをすることによって快感を得ることができますが、同時にそれは体への害がある可能性がある行為だということを覚えておく必要があるのです。

セックスでイケなくなる

強い刺激のオナニーを日常的に行っている場合に限りますが、本番のセックスでイケなくなってしまう可能性があります。

強い刺激というのは

  • 刺激の強いアダルトビデオをおかずにしている
  • いつも強い力でペニスを握る・しごく
  • 床オナ・足ピンオナニーなどを日常的に行っている
  • 刺激を強めてすぐに射精している

このようなことが挙げられます。このような刺激の強いオナニーを日常的に繰り返し行っていると「膣内射精障害」に陥ってしまう可能性があるのです。

膣内射精障害とは本来出すべきはずの女性の膣内でうまく射精できなくなってしまう症状で刺激の強いオナニーを繰り返し行ってしまうとこの膣内射精障害になってしまう可能性が高まるのです。

オナニーでどんどん強い快楽を求めたくなる気持ちはわかりますが、膣内射精障害のことを考えて刺激は適度なものに抑えておくことが望ましいです。

自分がいつも強い刺激を求めてオナニーをしているという場合は、やさしい刺激のオナニーに戻していった方がよいと思います。

依存性がある

オナニーには依存性があります。女性を知らないままオナニーにハマって大人になってしまうと「モテなくても寂しくもなんともない」「どうせ自分は顔が悪いからモテない」「オナニーしてればいいや」と悲観的になってしまうのです。

女性を知らずにオナニーを日常的に行っている場合、男性の草食化がさらに進んでしまう場合があるので、注意が必要です。

髪が減りハゲる

オナニーをすると体内からさまざまな栄養成分が放出されてしまいます。その中でも特に「亜鉛」が放出されてしまうことは悲しい頭の問題を生みます。

オナニーによって亜鉛やそのほかの栄養素を失ってしまうと髪にいきわたるはずだった栄養素が減ってしまうのです。その結果髪が減ってハゲてしまう可能性があるのです。

ここ日本でハゲるということはすなわち「モテなくなる」ということにつながってしまうので、このようなリスクも考えてオナニーのやりすぎには十分注意した方がよいでしょう。

肌荒れ・ニキビができやすくなる

「亜鉛」不足はハゲだけでなく肌荒れやニキビができやすくなるといったデメリットも生み出してしまうのです。体内の亜鉛が減ってしまうと肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

また、オナニーをしたときに「ジビドロテストステロン」というホルモンの量が増えるのですがこれがかなり厄介で皮脂の分泌を促して肌荒れを引き起こす原因になってしまうのです。オナニーのやりすぎには十分注意し肌トラブルやハゲから身を守るように計画的なオナニーを行っていきましょう。

疲れ・やる気消失・眠気

オナニーを行うとぐっすり眠れるためオナニーを練る前の習慣として取り入れているという方も多いのではないでしょうか?

しかし、これは眠ることによって害を実感することが難しくなっているだけで実際は寝起きが悪くなったり、疲れ、やる気消失、眠気などの症状を引き起こす可能性が非常に高いのです。

このような症状が進むとやがて寝坊や遅刻を繰り返してしまう原因にもなりかねないので、オナニーの回数は自分でしっかりとコントロールしていく必要があると言えるのです。

オナニーをするメリット

ここまでオナニーのデメリットをたくさん紹介してきましたが、もちろんオナニーにはメリットもたくさんあります。

リラックス効果がある

オナニーを行うことでリラックスすることができるという人は多いです。射精した瞬間にやってくるいわゆる賢者タイムという時間は男性にとって本当に至福の時間ですよね。

オナニーを行ってリラックスし気持ちをリフレッシュできるという人もたくさん存在するので、そのような場合はオナニーを計画的に使っていくと良いでしょう。

ストレス発散になる

オナニーすることによってストレスを発散することができるという人も存在します。イクときのあのすさまじい快感でストレスを受けていたことを忘れ一気に気分をハイな状態に持っていくことができるのです。

ストレス社会と呼ばれるほど現代人のストレスは激しいものである場合が多いので、オナニーによってそれが軽減されるのなら使っていくのもアリだと思います。

ただし、オナニーに頼り切って一日に何度もオナニーでストレスを発散する行為は健全とは言えません。オナニーでストレス発散をする場合も回数をしっかり決め計画的に行うように心がけましょう。

前立腺がんの予防になる

オーストラリアの研究で週5日以上の射精をした場合、しなかった人に比べて前立腺ガンになるリスクが三分の一にまで下がったという研究結果が出ています。

射精をすることによって尿道内の毒素を放出するためそれが予防につながるといった報告でしたが、あくまで2003年のデータなので確証はありませんがこのような効果も言われているということを覚えておきましょう。

セックスの練習になる

オナニーを行えばセックスの練習になります。特にオナホールを使ったオナニーを行うことで実際の膣に非常に近い快感を得ることができるのです。

最近のオナホールはとても技術が進んでいて本物に限りなく近づけて作られているオナホールが多数存在するため、それらのオナホールを使うだけでもかなり本番に近いオナニーができるのです。

オナホールに興味のある方は是非オナホオナニーで本番のセックスの練習を兼ねたオナニーを堪能してみてください。

オナホールの使いかたについては『【初心者向け】オナホールの使いかた!これで今日からオナホデビュー』で詳しく紹介しているので是非参考にしてみてください。

早漏の改善

ペニスを日常的にいじることによって早漏の改善につながる可能性があります。特に包茎の方は亀頭周辺の普段は皮でおおわれている部分を重点的にいじることで早漏を改善していくことができる可能性があるのです。

触り方を工夫するだけでメリットが生まれるので、オナニーを行う際はそのようなメリットも意識して行うとさらに良い効果が得られる可能性があります。

体へのメリット・デメリットを考えて計画的に

オナニーにはメリットとデメリットがありましたが、基本的にやりすぎなければほとんどの男性が日常的にやっていることなのでそれほど過度の心配をする必要はないでしょう。

ただし、何事もやりすぎはよくないので今回の記事を参考にオナニーのメリットとデメリットについて詳しく知り自分なりにオナニーの頻度について考えて週に〇回行うといった具体的な計画を立てて行うことをオススメします。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.