JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性から女性へ、女性から男性へ、望むのは実はシンプルなことだけ


男性も女性も恋人にするなら望むこと。あげはじめたらキリがないけれど、実際にこれだけは譲れないことってとっても単純。

自分だけワガママに望むのではなく、相手へ寄り添うための情報として調べてみました!ココだけおさえておけば間違いない!ということってみんなが共通することが多いのです。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

男性が女性に望むのはたった3つ


多くは望まないけれど、1つ1つを大事にしてほしいのが男性の言い分。

常に気配りのできる女性でいてほしい

自分の体調や忙しさを感じ取ってそれに合わせた対応をしてほしいもの。疲れた時に彼女を構うのは男性からしたらちょっと疲れてしまうことの一つ。女性からしたら気配りをし続けるのってとっても疲れるもの。

わざわざ彼のために気を遣うのっていつかボロがでやすいのです。気遣いができる、常に周りを見られると言うのは一朝一夕でできるようなことではないからこそ、普段からそれができる女性って魅力的に見えてしまうのです。

信頼できる関係を築きたい

自分のことをわかってくれる女性には気を許せるし、居心地がよく感じます。お互いの信頼関係は一方的に望めることではないので、彼女からの信頼は安心につながります。自分に何か隠し事があると相手への信頼感に違和感が生まれます。

男性の携帯を見てしまうあなたは、自分にもやましいことや、やましい過去があるからではないでしょうか?信頼できる相手になら、過去のことなら、バレてもいいやと思えることこそ、安心して付き合えるもの。信頼は自分がしようと思ってできることじゃないから、「自分を信じて大丈夫だよ」と相手を安心させられる人間でいましょう。

癒してほしい

男性にとって彼女は特別な「癒し」なのです。あなたといると癒されるというのは彼女になってほしいと思うきっかけになるもの。逆に付き合ってみて「楽しいけれど癒しがない」と男性が考えるようになってしまったらその恋愛の終わりが近づいているかもしれません。

彼が疲れているときに「ねえ!聞いて!」なんてやっていませんか?一緒に居て疲れてしまう彼女の典型なのです。男性の望むことは少ないけれど絶対に守ってほしい最低限の物。彼を信頼し、彼に対して思いやりを持つことを忘れなければ守れそうなことですね!

女性は男性に「私のことを1番に考えてほしい」

 


女性の方がたくさんの希望を言うことが多いのですが、そのどれもが「私のことを考えていて!」ということなのです。例えば話を聞いてほしい、記念日を大事にしてほしい、他の女の子のことを考えないでほしい…。

いつも女性って彼の1番で居たいもの。現実を見て発言をしがちな男性は、これを面倒と思うかもしれませんが、好きな事が他にない男性って魅力も少ないのです。「(女の子の中で)君が1番だよ」と伝えられれば良いのではないでしょうか?

元カノの話題などは本当にデリケート。彼女から話を振ってきたのに、真面目に答えたら喧嘩になってしまったなんて人も多いのでは?ここは、あいまいにごまかしても失敗するところ。彼女のタイプにもよりますが、「前の彼女なんか思い出せないくらい君が好き」と伝えておくのが失敗の少ない答え。

また、男性って女性に比べて言葉にするのが苦手な方も多いですよね?特別な彼女であるからこそ、特別な言葉がほしい時もあるのです。たまには勇気を出して言葉での愛情表現をしてほしいもの。恥ずかしいことでも“自分は特別だからしてくれた”という自己肯定がほしいのです。

さて、彼女との会話では男性のことも女性は知りたいのですが、ここで注意。女性が知りたいのはあなたの趣味の詳細ではないのです。女性は広く浅くあなたのことを知ってから、興味のあることだけ聞きたいのです。

男性の方が趣味に関しては詳しく調べたり、深くのめりこんだりしがちですが、その楽しさが伝わらない女性も多いので、くどくど説明をされたらあなたに対して面倒になってしまうかも。彼女の反応から興味具合を読み取ってあげるのも男の余裕の見せどころですよ!

まだまだ他にも「大切にされている彼女」で居たいのです。たまには見栄を張っておごってほしい、彼の友達の前でもちょっと冷たくなるようなことはしないでほしい。見下した態度をとらないでほしい。

女性同士では彼のことを卑下して他の子の彼のことを「いいなぁ~」なんて言いますが、それは建前で自分の彼が1番だと思っているのです。逆に男性は居ないところでは褒めるけれど一緒に居るときは照れてしまうし、うまく彼女を紹介できなかったりするのですよね。自慢の彼女ならちょっと照れてしまっても堂々としましょう!

彼女を見下すような方は自分の言うことを聞く女の子が好きなのかもしれませんが、それでは“対等な関係”とは言い難いもの。対等な付き合いは仕事や家のスペックではないところで尊敬できるところがあるはず。現代の日本だからこそ、対等さを維持してほしいものなのです。

共通することだってあるのです!

 

男女は価値観が違うと言っても、求める事に共通することはあります。

最低限の身だしなみ!

清潔感はとっても大事。いつもの仕事着はきちんとしていても、いざ休日デートでよれよれの服なんて着ていたら100年の恋も冷めてしまいますね!

普通でいいのです。特別高価なブランドやこだわりの強そうなものは徐々に少しずつ取り入れて。小奇麗な普通の恰好を普段から心がけましょう。

「恋愛だけ」にならないで

今までの趣味や友人をないがしろにして恋人第一!そこまで惚れられる相手に出会えるのもうらやましいけれど、もしも恋人と少し距離が開く期間や、忙しくって時間が取れないときに恋人に依存している人は何もできなくなってしまうのです。

そんなときこそ趣味や友人との時間を楽しめるチャンスと思える相手の方が、久しぶりに会うときの楽しみも増すのです。しばらく間が空いたことに関して申し訳ないという気持ちが全くないなんてことはほとんどないはず。

そこにさらに「会えなくて寂しかった」「あなたが居ないと何もできなかった」なんて言われてしまったら久しぶりの再会も暗くなってしまうかも。やっと会えてうれしい!会えない間こんなことがあったよ!と楽しく話しができる相手こそ、安心できるパートナーとなれるのではないでしょうか?

結局は思いやり

さて、いろいろな望みを調べてきましたが、愛情があって思いやれる相手にならできることではないでしょうか?どれだけバランスよくお互いのことを考え、行動できるのかで以上の望みをかなえてくれる相手か判断できるのです。

好意を持った相手なら落とすまで頑張ってみる…なんて方も多いと思いますが、そこがゴールではありません。恋愛は付き合ってからが本番。

付き合ってからもその思いやりを伝えあえる相手こそ本当に好きでいられる相手であり、相手があなたを思いやる価値のあるパートナーとして受け入れてくれるものです。

パートナーが「あれをしてくれない」「これをしてくれない」と言う前に、一度自分の行動を振り返ってみて。振り向いてほしくて頑張っていたことに疲れてしまったり、気遣いがおざなりになってしまっていたりしたら、パートナーが愛想を尽かすのも時間の問題です。

取り返しがつかなくなる前に、相手が望むことを知って改めて自分がどうするべきか?もっといい関係にしていくためには?ということを知っておくのもいいのではないでしょうか?

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.